アラフォー女性のリアル肌事情

アラフォー女性のリアルなお肌の状態とは

[公開日]

[最終更新日]2019-01-16

  • LINEで送る

お肌の悩みは、生活する上で一生付いてくるもの。その悩みも年代によって様々です。今回は40代アラフォーと呼ばれる世代についてのお肌の悩みを徹底解説してきます。

piechart

40代の約3人に1が最も気になる肌の悩みとしても上げてるのが「シミ」です。その他「シワ」「乾燥」といった悩み。そして20代・30代ではあんまり悩んでいなかった「たるみ」「くすみ」が。第2の肌の曲がり角ともいわれる40代の女性の体ではどんな変化が起こっているのでしょうか?

40代になってこのような体の変化を感じてませんか?

・化粧がのりがわるくなった
・シワやシミが増えてきた
・風邪をひきやすくなった
・体重が減りにくくなった
・疲れやすくなった

40代の体の変化の原因は「基礎代謝の低下」です。
代謝が落ちるとさまざまな影響があります。体の老廃物を排出する力も落ち、体に毒素がたまるりやすくなって、さまざまな病気を引き起こします。また脂肪を燃焼する力も落ち、体に脂肪がつきやすくなります。水分も体にためやすくなるので、むくみやすくります。。
また女性の場合、「女性ホルモンのエストロゲンの減少」もあります

基礎代謝の低下がお肌にどのような影響を与えるのでしょう?


40代になると、基礎代謝の低下、女性ホルモンの減少などにより、肌機能が急激に変わります。
肌年齢の変化に合わせて、肌のお手入れ方法も変わってきます。実際に「普段使っていた化粧品が合わなくなった?」「脂性肌だったのに乾燥してる?」など感じていませんか?それはお肌が衰えているのかもしれません。

40代から現れる肌の衰え

保湿力が低下し「乾燥肌」に

新陳代謝の低下で、肌の水分量が低下し皮脂量が減少します。そして、保湿力の低下した皮膚に紫外線などのダメージで皮脂が酸化し炎症を起こします。そうなると、肌の表面はかさつき、乾燥します。それが次第に、乾燥ジワをつくる原因になってしまいます。

コラーゲンが減少し「シワ」「たるみ」に

代謝の低下に伴い、血行が悪くなり、また女性ホルモンの減少によって、新しいコラーゲンをつくる力が弱くなります。肌のコラーゲンが減少すると、ハリや弾力がなくなり、ここへダメージが加わるとシワやたるみになっていきます。

お肌を守る「コラーゲン」
コラーゲンは、皮膚や骨、軟骨などの組織に豊富に含まれており、細胞の間を埋めるように存在し、結合組織のお主な主成分です。美肌効果、皮膚の加齢を防ぐ効果(アンチエイジング)、骨粗しょう症に対して作用し骨の健康維持する効果があるとされています。

肌の生まれ変わる力が弱まり「シミ」に

血行を促す力の低下により、細胞の栄養が不足し、肌の生まれ変わる力(ターンオーバー)が低下すると、メラニンを含んだ角質を外に出すことができず、シミのなります。紫外線などの刺激をうけることで、皮膚のなかのメラノサイトがメラニンをつくり、そのメラニンが排出しきれず、シミになり、そこにさらに紫外線をうけることで色が黒くなるのです。

体・皮膚の衰えが「くすみ」に

くすみの原因には、肌の乾燥、血行不良、古い角質があります。保湿力の低下で肌が乾燥し、かさつきキメが乱れることで、肌表面がごあつくことで、くすみがちに見えます。また血行がわるくなると、顔色がさえなくなり肌がくすんだように見えます。代謝の低下で、肌の生まれ変わる力(ターンオーバー)が低下し、古い角質がはがれにくくなり、厚くなり肌の透明感がなくなり、くすみになってしまいます。

around-forty-02



40代のスキンケア、どうすればいいの?


年齢とともにお肌は衰えるものです。基礎代謝の低下や女性ホルモンの減少により、肌の機能が衰え、肌が乾燥し、肌のきめなども崩れ、刺激に弱い肌になり、さらにダメージをうけ敏感肌にという肌荒れスパイラルに陥ってしまいます。手遅れにならないうちにエイジングケアに切り替えいていきましょう。敏感肌・乾燥肌対策のスキンケアが必要になります。「でもどうスキンケアを変えれいいの?」と悩まれるる方も多いと思います。そんなときは各社が出されている商品のお試しセットなどを試して、自分に合ったものを探してみては?初回お試しセットなどは、特別価格で出されているものも多く、気軽に試せます。

長年にわたり、アトピーなどを含めた敏感肌について研究してきた持田製薬が、40代の敏感肌を徹底的に考えてつくった薬用保湿スキンケア「B.K.AGE(ビーケーエイジ)」のトライアルセットをおすすめします。

b.k.age

「B.K.AGE」をおすすめする理由

独自の研究で乾燥から守り・肌荒れをケアする成分を配合

肌荒れ防止にトラネキサム酸、皮膚のバリア機能のセラミド、美肌・アンチエイジングに必要なコラーゲン、優れた保湿機能のヒアルロン酸で、敏感になりだした肌を整え、みずみずしくバリア機能を持った肌へとしてくれます。

「トラネキサム酸」
プラスミンという血液を溶かす物質の働きをおさえ、アレルギー症状や炎症(腫れ)がやわらげる。安全性も高く、シミにも効果があります。

「セラミド」
表皮の角質層において角質細胞間脂質を構成する皮脂成分。皮膚のバリア機能を維持し、保湿作用や水分蒸発抑制作用があります。

「コラーゲン」
タンパク質の一種っで、皮膚や骨、軟骨などの組織に豊富に含まれている。美肌効果、皮膚の加齢を防ぐ効果(アンチエイジング)、骨粗しょう症に対して作用し骨の健康維持する効果があります。

「ヒアルロン酸」
皮膚や軟骨、関節液などの体の組織に存在する多糖類の一種。優れた保水機能があり、皮膚の弾力やハリ、保湿を保つために重要。加齢とともに減少する。

簡単2スッテプスキンケア

まだまだ仕事に家事にと毎日忙しい方でも簡単、化粧水と乳液またはクリームの2スッテプで行えるスキンケアです。化粧水で巣分補給をし、化粧水が肌に残ってるうちに乳液またはクリームで水分を保護。肌に負担をかけない簡単2ステップです。

エイジングケアと敏感肌が953円で!

大手化粧品メーカーのようにTVなどの広告費にコストをかけていない分、商品の研究に費用をかけ、高品質の商品をリーズナブルな価格でお客様へ提供。

まずは肌年齢を意識したスキンケアをはじめてみましょう。

ただ、デメリットがあるのも事実です。今話題のオールインワン、1ステップで基礎化粧品の役割を果たす商品です。それに比べると簡単2ステップといっても単純に倍の手間になります。しかし、化粧水と乳液またはクリームをわけて2ステップにすることで、よりそれぞれの効果を肌に感じることができます。また、季節や肌の状態に合わせてて、乳液とクリームを使いわけることができます。お肌が衰え始めてる今、あと少しだけ手間をかけてあげてください。そうすることで、お肌の老化を防ぐ近道になるかもしれません。また、逆に2ステップだけでのスキンケアで大丈夫なのと思われる方もいるかと思います。これから始めようと思っているエイジングケア、全部そろえると金銭面的な負担も大きくなります。価格もお手軽な2ステップスキンケアを試してみてはいかがでしょう。

皮膚薬の研究をしてきた製薬会社だからこそできるスキンケア、科学的根拠のもと、敏感デリケートな肌の方でも使ってもらえるやさしさにこだわりながら、肌を健康へみちびく成分を配合し、そして忙しい方でも続けられる簡単2ステップスキンケアです。大手製薬会社なので、トライアルを試したからといって、しつこい勧誘もありません。安心して試していただけます。この機会に、エイジングケアを切り替えてみては?試してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク


%d bloggers like this: