【簡単レシピ】40代のシミをつくらせない食べ物!



40代になるとお肌のシミが目立ってきますよね。シミ原因のほとんどが、生まれてから今まで、浴びつづけてきた紫外線によるものです。今さら、紫外線を浴びた時間を戻すことはできません!そこで、シミをつくらせない、濃くしない食事をご紹介します。

シミはメラニン色素が肌に居座ることでできる

肌は、紫外線を浴びると、肌を守ろうとすることで皮膚の中にメラノサイトがメラニン色素をつくります。通常メラニンはターンオーバーとともに排泄されていきます。しかし、なんらかの影響でメラノサイトの過剰な活動が収まらず、メラニン色素がつくられ続けると、シミとなって残ってしまいます。そのほかにも、ターンオーバーが遅くなってメラニン色素が残ってしまう場合もあります。メラニン色素が肌に居座り、シミとなってあらわれてくるのです。

simi-recipe-02

シミをつくらせない、濃くしない食品

紫外線を浴びる季節はビタミンCを積極的にとる。

シミを予防するには、ビタミンCが有効です。ビタミンCはメラニンの沈着を押さえ、できたメラニン色素を還元して、シミを薄くする作用もあり、「美白ビタミン」とも呼ばれています。特に紫外線を浴びる3月頃からは、積極的にビタミンCを補給しましょう。ただ、ビタミンCは体内に蓄えておくことができないので、1日数回に分けての摂取が必要です。

また、ビタミンC以外に、新陳代謝を促してシミを排出させる作用のあるビタミンAも有効です。ビタミンAは体内に蓄えておける性質があるので、多少の蓄えは可能です。

ビタミンCが多く含まれている食品(100gあたり)

赤パプリカ 170mg、黄パプリカ 150mg、菜の花 130mg、ブロッコリー 120mg、かぶの葉 82mg、カリフラワー 81mg、ゴーヤ 76mg、ピーマン 76mg、とうみょう 74mg、甘柿 70mg、キウイ 69mg、いちご 62mg、さやえんどう 60mg、キャベツ 41mg、じゃがいも 35mg、 トマト 32mg

ビタミンAが多く含まれている食品

鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、とうみょう、春菊、ホウレンソウ、かぼちゃ、大根の葉、ニラ、小松菜、かぶの葉、菜の花、チンゲン菜、プルーン、ブロッコリー、にんにくの芽

simi-recipe-03

シミを制す簡単究極レシピ

菜の花とうなぎのマスタード和え


材料(2人分)

菜の花・・・100g
市販のかば焼きうなぎ・・・50g
塩・・・少々
醤油・・・小さじ1


粒マスタード・・・大さじ1/2
マヨネーズ・・・大さじ1/2

作り方

1.菜の花は塩を加えた熱湯で2分ゆで、冷水にとって水気をって、半分の長さに切り、しょうゆをからめる。
2.うなぎは2㎝角に切る。
3.菜の花にAをからめて、うなぎを加えて味をなじませる。

ブロッコリーとトマトのおひたし


材料(2人分)

ブロッコリー・・・100g
トマト・・・1個(200g)
塩・・・少々


水・・・大さじ1
酢・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2
すりおろしたしょうが・・・1/2片

作り方

1.ブロッコリーは小房に分け、塩を加えた熱湯で1分ゆで、ざるにとって手早く冷ます。
2.トマトはヘタをとって8㎜幅に切る。
3.ブロッコリーとトマトの水気を軽く切って、盛り合わせて、Aをかける。

simi-recipe-04

ビタミンCはこまめに摂取することが大切です。

美白に必要なビタミンCは1日2000mgともいわれています。蓄えることのできないビタミンCを2000mgとるとのはっても大変なことです。ビタミンCを意識してこまめに摂取することを心がけましょう。ただ、2000mgというのは食品だけでは補うことができないので、サプリメントを併用することをおすすめします。サプリメントだけに頼らず、食事とサプリメントの両方からビタミンCを摂取して、シミをつくらない美白美人を目指しましょう。

スポンサーリンク


%d bloggers like this: