40代になると美白成分が効かない!?



「シミができた!」と思って美白化粧品を使っても思ったように効果がえられず「美白化粧品は効かない」と思ってあきらめてはいませんか?実は美白成分には効くものと、効かないものがあるのです。美白成分の効果をきちんと理解し、早めのエイジングケアを始めましょう!

美白成分は万能ではない

シミのなかにも、美白化粧品が効くものと、効かないものがあります。美白成分が効くのは、老人性色素斑(初期のもの)、炎症性色素沈着、肝斑です。

シミの種類

老人性色素斑
紫外線が原因となってできるシミです。境界がはっきりした褐色、または黒っぽいシミで、米粒大から数センチのものまで大きさはさまざまです。主に中年以降、早い方は20代から現れ始めます。頬骨など紫外線のあたりやすい部分や、手の甲や前腕等にもできやすいのが特長です。

炎症性色素沈着
ニキビやケガをした皮膚が炎症を起こし、その後にできるシミです。炎症性色素沈着は、ターンオーバーとともに、消えていくことが多いのですが、皮膚の炎症が悪化して色が濃くなってしまうと、消えずに残ることもあります。虫さされの跡が残ったり、ムダ毛を処理して毛穴が黒ずんだりすることがありますが、これも炎症性色素沈着の一種です。色素沈着をおこした場所が紫外線を浴び続けると、色がだんだんと濃くなっていくので注意が必要です。

肝斑
頬骨上や頬、鼻の下、額、口周りなどに左右対称にできるシミ。30~40歳代に発症年齢が集中しています。症状が見られるのはだいたい50歳代後半までで、女性ホルモンが大きく関与していると言われていて、妊娠中やピル服用中などにできやすいシミです。

女性が気にするシミのほとんどは老人性色素斑です。これに関しては、ごく初期の見えるか見えないか程度の薄いものにしか美白化粧品は効きません。「シミができた!」と思って美白化粧品を使っても思ったように効果がえられず「美白化粧品は効かない」と思ってあきらめてしまう人が多いのはこのためです。

老人性色素班と美白成分

老人性色素班は、これまでに浴び続けた紫外線が蓄積され、それが時間の経過に伴ってシミとして現れてくるものです。メラニン色素が過剰になっているだけでなく、表皮そのものが変化した状態です。実際に老人性色素班ができた人の皮膚を顕微鏡で見てみると、日光によって変性した表皮細胞の集団がみられます。さらに紫外線が当たり続けると、そこから腫瘍ができることもありあります。

美白

メラニンは、細胞の中に存在するメラニン生成酵素チロシナーゼが紫外線などにより活性化されることにより生成する。 よって、色素沈着が少ないより白い肌になるためには、メラニンの生成を抑え、皮膚中のメラニンの排出を促す必要がある。 メラニン生成の抑制は紫外線等の外部刺激から肌を守ることや、メラニンの生成を抑える化粧品(美白化粧品)を用いる方法が一般的である。そして、メラニンを老廃物として排出するために健康的な基礎代謝が必要である。

美白化粧品であることを公にうたうためには、厚生労働省に認められた美白有効成分が配合されている必要がある。美白有効成分には、主にアルブチン、コウジ酸が挙げられる。その他ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸など十数種類がある。(厚生省医薬安全局審査研究会 「医薬部外品原料規格2006」参照)多くの美白有効成分は、メラニンの生成に重要なチロシナーゼと呼ばれる酵素に、直接的あるいは間接的に働きかけ、メラニン生成を抑える働きがあるとされる。

美白化粧品の効果は、「メラニン生成によるしみ・そばかすを防ぐ」化粧品である。 化粧品は、治療ではなく美容目的であるため(薬事日報社「薬事法」第二章 逐条解説第六十二章 参照)、肌本来の色そのものが白く変化したり、できたシミソバカスをなくすことはない。

-引用-
「美白」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2016年6月9日 (木) 11:20 UTC
URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E7%99%BD

美白成分は、メラニン色素が増えるのを押さえることはできますが、変色した表皮細胞を元に戻すことができないので、老人性色素班にはあまり効果がないということです。

老人性色素斑は、一度できてしまうと、自分では改善・治療が難しい症状です。防止するためには、毎日の紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

40代からの美白は遅い?

しかし、美白化粧品に効果がないわけではなく、きちんとした使い方をすれば効果は表れます。まずは、美白化粧品は「予防的に使うものと」と心得ましょう。老人性色素班は、個人差はあっても40代くらいになれば誰にでもできるものです。

そこで、シミが実際にでき始めてから美白化粧品を使うのではなく、もっと早くから使うことをおすすめします。

予防的に使うものなので、美白化粧品は部分的ではなく顔全体に、毎日使って、長く続けられるものを選ぶことも重要です。

美白っぽいイメージに騙されないで

whitening-ingredient-02

美白っぽいものではなく美白成分配合のものを選びましょう。

たくさんある美白のための化粧品の中から、ひとつを選ぶのはとても難しいように思えます。使い心地や価格も大切ですが、もっとも大事なのは「美白成分を含んでいる」ということです。

あたりまえのようですが、中には美白成分が満足に含んでいなくても「ホワイト○○○」のような名前をつけて、美白化粧品のようなイメージで売られているものもあります。美白っぽい化粧品では確実な効果は期待できません。裏の説明などを見て、美白成分がきちんと配合されていかどうかを確認しましょう。美白化粧品の選びかたはこちら。

美白成分とはどんなのもの?

メラニン色素が作られる際に肌の中で起こる反応を、どこかで抑えるものが美白成分です。

つまりメラニン色素工場の歯車に、どこかでブレーキをかけるものと思ってください。どの歯車に作用するかで、美白成分は分けられます。チロシナーゼという酵素の働きを阻害するもの、エンドセリンとういう情報伝達物質の働きを阻害するもの、メラニン色素生成に関わる表皮伝達物質のひとつであるプロスタグランジンを抑制するもの、その他に、メラニン色素を作る際に働くDNAに働きかけるものや、チロシナーゼがつくられるのを防ぐものなど、いろいろな段階で効果を発揮する美白成分が開発されています。

whitening-ingredient-03

1日でも早い美白予防を!!

40代に美白成分が効かないとうことではなく、美白成分というものは、これから作られるメラニン色素を減らすように働くもので、今、肌にあるメラニン色素を分解するわけではないといくことです。できてしまったシミを消すというよりは、これからできるシミを予防するという働きのほうがメインになるのです。だからこそ、1日でも早い、美白予防を始めましょう!!もう遅いと思わずに、これからのお肌のために美白ケアを毎日つづけていきましょう。

→アラフォー女性のリアル肌事情

スポンサーリンク


%d bloggers like this: