ビアスでかぶれる。どうしたらいい?

[公開日]

[最終更新日]2015-09-14

  • LINEで送る

Q : 少し前にピアスホールを開けました。穴が定着してからピアスをつけたごのですが、数日たってから、じくじくしだし、かゆくなってしまいました。いまはピアスをつけていません。ピアスはあきらめなくてはならないでしょうか?

084162
faq_answer01

ANSWER.

アレルゲンがわかれば、またつけられる可能性もあります

アクセサリーをつけることの多い女性にとって、金属アレルギーは気になるもの。これは、アレルゲンとなる金属が肌に直接触れると、汗で金属の成分がイオン化し、体内にとり込まれることで起こるアレルギーです。



とり込まれた金属イオンは、体内のタンパク質と結合します。このタンパク質と結合した物質を、異常なものであると体が認識するために、アレルギー反応が起こるのです。

金属アレルギーの中で多いのが、ピアス。耳たぷの皮膚は薄く、そこに穴を開けるので、金属の成分がとり込まれやすいのです。そのほか、指輪やネックレス、ベルトのバックルも、金属の種類によってはアレルギーの原因となります。冬はなんともないのに、夏になって汗をかくと反応が起こる人もいます。

ただし、金属はすべてだめ、ということはありません。ピアスをしつづけたいのであれば、まずは皮膚科やアレルギー科に相談し、何の金属でそうなるのかをつきとめ、その金属を避けたアクセサリーを選ぶとよいでしょう。もちろん、じくじくしたままの状態ではどんなものでもよくありませんので、症状がなくなってからにしましょう。

スポンサーリンク


  • LINEで送る
%d bloggers like this: