虫刺されをかいたらひどくなってしまいました

[公開日]

[最終更新日]2015-11-09

    Q : 寝ている間に腕を虫に刺されてしまい、とてもかゆいので、日中、無意識のうちにかきむしっていたら、ぶつぶつが増えて広がってしまいました。かゆみは強くなる一方だし、汚いし、どうしたらよいのでしょう?

    084162
    faq_answer01

    ANSWER.

    かかずに、医療機関で治療を受けましょう

    最初はただの虫刺されだったのに、とてもかゆくて、かいているうちに、あれよあれよという間に硬いぶつぶつが手足にたくさんできて広がってしまい、青くなったという経験はありませんか?

    これは、虫さされが引き金になった急性痒疹。かくことでぶつぶつが増えてしまい、なかなか治らないという、ちょっとやっかいな病気です。ぶつぶつは、隣り合っていても互いにくっつくことはなく、一つひとつはっきりしているのが特徴です。

    どのようなメカニズムでこうなってしまうのかは明らかになっていませんが、虫刺されなどを「かく」ことで悪化させてしまうことは確かです。ですので、むやみにかかす、かゆみ止めをつけて様子を見ることが、悪化させないポイントといえます。

    アトピー性皮膚炎でも、同じことがいえます。同じところを長期間かいているうちに、硬いイボのようなものがたくさんできてしまうことがあります。これを、ぺ二工痒疹と呼びます。いずれにしても、ますかゆみを抑えることがたいせつです。皮膚科やアレルギー科で適切な治療を受けましょう。

    %d bloggers like this: