イライラすると、どうして肌に出るの?

[公開日]

[最終更新日]2015-08-28

  • LINEで送る

Q : イライラすると肌の調子も悪くなるような気がします。
メンタルな面と肌との聞には、どのような関係があるのでしょうか。

ANSWER.



自律神経がホルモン分泌のバランスを崩す

免疫力に影響する体内の条件の一つが、自律神経です。
自律神経は緊張や興奮したときに優位に立つ交感神経と、リラックスしたときに優位に立つ副交感神経があり、ふだんはこの2つがバランスよく働くことで、内臓や血管、リンパなどの体の各器官をコントロールしています。

ストレスがかかるなどで交感神経が過度に刺激されると、自律神経のバランスが崩れ、免疫に関わるホルモンの分泌にも偏りが出てしまいます。これが、免疫力の働きを低下させ、ひいてはアレルギーを起こしやすくするといわれています。

しかし、だからといって副交感神経ばかりが活発になっても、免疫力が上がるわけではないようです。どちらか一方、ということではなく、交感神経と副交感神経がそれぞれバランスよく働くことで、免疫細胞がベストな状態に保たれるのではないかということが現在研究されています。

緊張とリラックスがほどよく繰り返される、メリハリのある生活のほうが、すっとゆるみつぱなしの生活よりも免疫にとってはいいといえるようです。

スポンサーリンク


  • LINEで送る
%d bloggers like this: