【万全対策】季節の変わり目の肌荒れ予防!

[公開日]

[最終更新日]2016-06-17

  • LINEで送る

季節の変わり目に、肌が荒れて不安定になったりする人は少なくありません。そんなとき、どうしていいのかわからずに、むやみに他の化粧品をためして、悪化してしまうなんてことも。ここでは、季節の変わり目のスキンケア対策を紹介します。

turnoftheyear-02

季節の変わり目に起こる肌荒れは、急激な気温の変化や環境変化により、肌が敏感になっていることが原因です。

原因は様々ですが、時期的に最も多いのが春先です。
花粉の飛散量の増加や、年度の変わり目での生活環境変化によるストレス、紫外線、寒暖差などが刺激となって、急にニキビができてしまったり、乾燥したり、肌が敏感になってしまうようです。特に、外部環境の変化、精神的なストレスによる影響が大きいと言われています。

ここ最近は、季節の変わり目の時期の気温の寒暖差が激しくなっています。

急激な温度の差は、実は身体にとってはすごくストレスなのです。
肌を急激に温めると、ストレスを感じ、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質がたくさん作られます。これを利用した美肌効果が、温泉入浴や蒸しタオルといった美容法です。
しかし、これはストレスをプラス働かせた美容法で、季節の変わり目に肌荒れはストレスがマイナスに働いて現れたものです。

つまり、季節の変わり目は寒暖差が激しく、これによって目に見えないストレスが蓄積され、肌荒れや体調不良を起こしてしまうということです。

turnoftheyear-03



季節の変わり目の肌荒れ対策は?

季節の変わり目の肌あれは、肌の免疫力や抵抗力が弱っていることが考えられます。刺激の強い美白やアンチエイジング化粧品の使用は控えましょう。さらに、化粧品などの水分が染みるようなら、一時的に使用を中止して、クリームやワセリンなどの油分の多いもので皮膚を保護して様子をみましょう。1週間ほど様子をみて落ち着いてきたら、セラミドなどを配合した保湿美容液を塗って、バリア機能を健全な状態につくり治していきます。

不安になったら化粧品の数を減らしましょう。

季節の変わり目の肌あれは、肌の免疫力や抵抗力が弱っていることが考えられます。刺激の強い美白やアンチエイジング化粧品の使用は控えましょう。さらに、化粧品などの水分が染みるようなら、一時的に使用を中止して、クリームやワセリンなどの油分の多いもので皮膚を保護して様子をみましょう。1週間ほど様子をみて落ち着いてきたら、セラミドなどを配合した保湿美容液を塗って、バリア機能を健全な状態につくり治していきます。

肌荒れを予防する対策は?

または、基礎化粧品を敏感肌もしくは肌荒れ対策用のものに早めに変えること。敏感肌用の基礎化粧品は刺激が押えられていて、セラミドなどの肌を守る成分が多く入っているので、肌に炎症が起き始める際に使い始めるるのもよいです。

肌荒れ用の化粧品にも、肌トラブルを予防するものもありますので、季節の変わり目にニキビなどの肌荒れが起きるやすい方は早めにチェンジすることがおすすめです。

基礎化粧品は肌に合っていれば、いつも同じものでなくていいので、季節の変わり目に合わせた化粧品を見つけてみるものいいかもしれません。化粧品はだいたい1ヶ月~2ヶ月分のものが多いので、季節の変わり目に使い切って、肌が元気になったら、元に戻すのもいいですね。

turnoftheyear-04

肌が荒れているときは、刺激を与えない最低限のスキンケアを心がけてください。
肌が荒れているということは、肌が敏感になっているうことです。過剰なスキンケアはやめましょう。その他には、睡眠時間や食生活、ストレスなど日常生活も見直していく必要があります。肌荒れは肌の表面だけでなく、体の内側にも要因があるので、なるべく規則正しい生活を心がけましょう。

スポンサーリンク


  • LINEで送る
%d bloggers like this: