ストレスとアレルギーの関係

[公開日]

[最終更新日]2019-01-17

  • LINEで送る

現代社会はストレスがいっぱい

戦後60年以上が過ぎ、日本の社会は目まぐるしく変化してきました。
多食、家老、心理的緊張、不安感、抑圧、温度差、睡眠不足などでストレスを感じることで、アトピーがさらに悪くなることもあります。

現在の社会不安も大きなストレスとなってのしかかっています。例えば、共働きの家庭が増え、外食や加工品の増加により、食生活は大きく変化しました。しかし、保育環境は整わず、社会的支援や母子福祉の充実はなかなか進みません。

患者だけでなく、家族も心の問題を抱えている

アトピーの人は本当にたくさんの心理的ストレスを受けています。本人だけでなく、その家族も同様です。
アトピーに関して患者やその家族が抱えている心理面での傾向を整理してみると、次のようなことが見えてきます。

・人と人との関係づくりがあまりうまくいっていない(夫婦関係、親子関…係、友人関係、教師と生徒の関係
・他人と遣うことや他人の目を気にしすぎる。
・母と子が、互いに自立できずに苦しんでいる。
・人間関係がうまくいかなくなると修復を試みるより拒絶してしまう。
・繊細で級密な性格。
・まじめで努力家。

こういった性格の方は特に要注意です。

グッズを上手に使って、ア卜ピーに対処したい

アトピーと生活環境とは密接なつながりがあるため生活環境を改善することやそのためのグッズ選びがある程度必要になってきます。この本の読者の中にはアトピーを治してくれるものを求めて大枚をはたいてしまった人も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、有効と言われるものが手に入ったからといって、即アトピーが治るわけではないことを、、どうか理解してください。
グッズ選びは重要だけれど、一つひとつのものは治療を補足するものでしかありません。その家庭ごとに家の中の様子は遠いますから、試行錯誤して工夫をするなかで、自分なりにそれを使いこなし、生活環境を改善していくことが何より大切ではないでしょうか。新しいものを買わなくても、今ある暮らしのなかで工夫でさることはたくさんあります。

普通のものが便利グッズ

あみ包帯、指包帯

・ばんそうこうを使うとかぶれてしま日う人のために、かぶれないものがいく日っか開発されています。そういったものを使っても痔みが出る人や、傷があちこちにあってばんそうこうを使うこと自体が苦痛な人は、指包帯、あみ包帯(筒状になっていて、ひじ用、膝用などがある)、伸びる包帯などを利用しています。

・あみ包帯や滅菌ガーゼなどは、薬局薬店だけでなく100 円均一のお店でも販売されています。いくつものメーカーものがあり使い勝手も遣います。小さい子用のものはバラエティーがありませんが、大人にとってしめつけの強いものが子どもにとっては適度なゆるみがあってちょうどよいものもあります。

体温調節が苦手です

・アレルギー体質の人の中には、季節に関わらずいつも手足が冷えている人日がいます。体温調節が苦手な人も多い
ので、スカーフ、パンダナ、ショール、膝かけ、カーディガン、薄手のパーカなどさまざまなものを使って、着たり、脱いだ日
り、重ね着したり、色々な工夫をして体温を調節し、健康管理に役立てています。赤ちゃんだったら、タオル、バスタオル、ガ ーゼ、靴下、帽子なども体温調節に役立ちます。

温度差対策

ぜんそくや鼻炎がある人の中には、乗り物や建物の中と外の温度差や朝晩の温度差についていけず不調になってしまう人もいます。季節の変わり目などで大きく気温が変わるときに日常的な移動に伴う温度差が、いつもより
つらいと感じることもあります。そんなときは、マスクやミニタオル、、ンョールなどを使って、口や鼻をカバーしたり首まわりの保温に努めて、ある程度やり過ごせます。あめをなめたり、水分を補給することも役立ちます。

夏に温かいお茶で冷えすぎを予防したり、暑いのに上手に汗をかけないときに冷たいものを飲んで冷やせるように、保
(できれば小さくて軽い) 温性のある水筒を持っていると便利です。

  • LINEで送る
%d bloggers like this: