介護脱毛はどこまで必要?40代・50代が今すぐやるべき老後の準備

介護脱毛はどこまで必要?40代・50代が今すぐやるべき老後の準備

[公開日]

[最終更新日]2020-09-08

  • LINEで送る

40代・50代が今やるべき老後の準備として「介護脱毛」が人気です。介護脱毛とは、将来自分が介護を受けなければならなくなった時に介護する側の負担を減らすためにする脱毛のことです。実際に、介護脱毛はどこまで必要なのでしょうか?そんな疑問にお答えします。

この記事は約5分で読めます。

こんな方に見てほしい

このページは、介護脱毛が気にっている40代・50代の方に見ていただきたいページです。

40代・50代が気になる「介護脱毛」

「介護脱毛」という言葉だけを聞くと、介護を受けている人が介護を受ける際にする脱毛と思われがちですが、実際には「介護を受けるようになる前にエチケットとして脱毛をしておくこと」です。

いざ、自分が介護を受けるようになったときに、アンダーヘアが多かったり長かったりすると排泄時に不衛生になり、介護する側・介護される側の両方に大きな負担となる可能性があるため、老後に備えて40代・50代のうちにVIO脱毛しておこうと考える人が増えています。

介護脱毛を真剣に考える40代・50代の裏事情

厚生労働省が公表している「介護保険事業状況報告(令和1年8月暫定版)」によると、要介護・要支援認定者数は665.7万人(男性209.9万人、女性455.8万人)です。
ちょうど、1年前の「介護保険事業状況報告(平成30年8月暫定版)」では、要介護・要支援認定者数は652.9万人(男性205.3万人、女性447.7万人)となっており、1年間で要介護・要支援認定者数が約13万人も増えています。

要介護(要支援)認定者数の推移

2060年には、全人口の4割が65歳以上になると言われています。今後さらに、多くの家庭にのしかかってくる介護の問題。
親の年齢が65歳近くなる40代・50代に突然、「親の介護」はやってきます。介護経験者の4割が40代前半までに親の介護をしているという調査結果もあります。そんな介護問題の中で、介護する側・介護される側の両方に大きな負担となっているのが「排泄の介護」です。

VIO脱毛が排泄介護の負担を軽減

国の調査では、介護経験者の6割が「排泄の介護」に負担を感じています。
排泄の介護でアンダーヘアが長いままだと、以下のようなことが負担になる可能性があります。

  • オムツ着用の場合、排泄物がアンダーヘアにこびりついて、拭き取ることが大変になる。
  • 何度も強く拭き取ることで肌に負担がかかり皮膚が赤くただれたり、痒みや痛みの原因になる。
  • シラミの発生など不衛生な肌環境になりやすい。
  • 不衛生な状態が続くと雑菌が繁殖して匂いの原因になる。
  • 介護する側にとって、オムツの交換は赤ちゃんと違って体の大きい大人相手だと、大きな負担となります。介護者の身体を支えながらの排泄物の拭き取りは完全に拭き取ることはとても大変です。また、介護者の入浴が仮に週2〜3回程度と考えると、陰部の臭いが発生する可能性もあり、それもまた大きな負担になります。

これらの負担は、事前にアンダーヘアを脱毛しておくことで大きく軽減することができます。

もし、赤ちゃんのようにアンダーヘアがなかったらどれほど楽になることでしょう。今、実際に介護を経験して「排泄の介護」の大変さを実感している40代・50代だからこそ、自分が介護を受けるようになる前に、VIO脱毛をしておこうと考える方が増えているのです。

介護脱毛を真剣に考える40代・50代の裏事情

排泄の介護で、もっとも邪魔になる部位はIラインです。その次が肛門周りのOラインです。そしてVライン。将来、もし自分が介護を受けるようになったときに備えて脱毛をするのであれば、VIO全て行うのが一番ですが、Vラインを全て脱毛する(ハイジニーナ)のはやはり抵抗感があります。

介護脱毛をするべき部位とハイジニーナ

介護脱毛は、どこまですべきという決まりはありませんが、最低限はIラインとOライン、毛の量が多いのであればVラインは形を整える程度で脱毛しておこくことで、介護する側の負担を減らせることができます。

介護だけじゃないVIO脱毛のメリット

実は、ワキ脱毛と並んで幅広い年齢層に人気なのがVIO脱毛です。10代・20代の女性は水着を着たときなどの露出を考えてビキニラインを整えるVIO脱毛をする方が多いです。40代・50代では介護に備えてハイジニーナを希望する人も増えています。

VIO脱毛のメリットには以下のようなものがあります。

  • 生理中のムレや匂いが軽減される。
  • デリケートゾーンを清潔で衛生的に保てる。
  • セルフケアによる負担が減らせる。
  • 肌トラブルが減る。
  • 自然な形で整えてくれるので見た目がキレイになる。

VIOは見た目だけでなく衛生面でのメリットも大きいのが人気の理由です。

VIO脱毛で心配なのは「痛み」

一般的な脱毛は、黒い色素に反応するレーザーや光をあてて毛根にダメージをあたえて脱毛していきます。毛根にダメージをあたえる際に熱が発生するため、痛みを感じます。この痛みは、ワキなどは我慢できる程度なのですが、VIOは皮膚が薄かったり黒ずみやすかったりするので、かなり強い痛みを感じます

人によって痛みの感じ方は違いますが、イメージしやすい表現だと輪ゴムでパチンっと弾かれたような痛みです。この痛みが我慢できずにVIO脱毛を諦めてしまう人も少なくありません。

痛くない脱毛ってあるの?

実は、本当に痛くない脱毛はあります。それは、熱で毛根にダメージをあたえる脱毛ではなく、毛の種の働きを抑える特殊な光をあてる「ハイパースキン脱毛」

このハイパースキン脱毛を取り入れているのが、全国で120店舗以上を展開している脱毛サロンの「ディオーネ」です。ミュゼやキレイモといった脱毛サロンのようにテレビCMなどでは聞き馴染みのない名前ですが、実は脱毛サロン業界で第3位の実力。広告力ではなく技術力で勝負している実力派サロンです!

敏感肌にオススメの脱毛サロン

一般的な脱毛サロンは、冷たいジェルや麻酔などを使って痛みをごまかして施術を行っているのですが、ディオーネの脱毛は3歳の子供でも脱毛可能で本当に痛くないんです。その理由が、先ほど説明した「ハイパースキン脱毛」です。痛みが原因でVIO脱毛を諦めていた方が、ディオーネのハイパースキン脱毛を試して驚くほど。だから、乗り換え満足度や口コミも高評価◎。敏感肌でも安心して脱毛できるのでオススメです!

ディオーネでは、定期的に脱毛体験のキャンペーンなども行われているので、少しでもVIO脱毛を考えているなら、こまめにチェックしてみて下さい。以下のリンクから、ディオーネの公式サイトを見ることができます。

ディオーネの公式サイトを見る

40代・50代がVIO脱毛するなら今!

一般的な、黒い色素に反応する脱毛は白髪には反応しません。また、ディオーネのハイパースキン脱毛も、施術は可能ですが白髪は発毛因子の形状や性質自体が正常な黒い毛と異なるため脱毛効果の保証はできないということです。

年齢を重ねるにつれて、もちろんアンダーヘアも白髪になっていきます。
現在、白髪を脱毛する方法として針(ニードル)脱毛というのがありますが、毛穴一つひとつに針を刺していくという、とても手間がかかる脱毛方法で、痛みが強く脱毛スピードが遅いというデメリットがあります。また針を使うため徹底した衛生管理も求められます。

そのため、白髪脱毛のやり方としては大部分の黒いムダ毛を処理してから白髪を針脱毛で処理するのがいいでしょう。どちらにしても、白髪が増えてしまう前の今のうちに脱毛をしてしまうのがオススメです。

まとめ

VIO脱毛は、将来の介護のことを考えるとやっておいて損はありません。むしろ、少しでも早く始めるほうがお得です。脱毛について、わからないことや不安なども、最初にカウンセリングがあるので、直接聞くこともできます。将来の介護の不安を解消するだけでなく、美しいデリケートを手に入れて、いつまでも女性として輝いていきましょう。

今すぐVIO脱毛体験をしてみる