妊婦の便秘予防に乳酸菌サプリは飲んでいいの?胎児への影響は?

妊婦の便秘予防に乳酸菌サプリは飲んでいいの?胎児への影響は?

[公開日]

[最終更新日]2020-09-08

  • LINEで送る

妊婦さんの多くが悩まされる「便秘」。便秘には、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれる乳酸菌がいいとされています。最近では、乳酸菌を効率よく摂取できる酸菌サプリが人気です。しかし、乳酸菌サプリによる胎児への影響が心配ですよね。今回は、妊娠中の乳酸菌サプリの摂取について解説します。

この記事は約5分で読めます。

こんな方に見てほしい

このページは、便秘が気になる妊婦さん・乳酸菌を積極的に摂取したい妊婦さんに見ていただきたいページです。

妊婦が便秘なりやすい原因

もともと女性は、男性に比べて便秘になりやすいと言われています。そして、妊婦すると、今まで便秘に悩まされることのなかった人でも便秘になることがあります。それは、妊娠することによって体内で様々な変化が起こっているのが原因です。

妊婦の便秘の原因①:ホルモンバランス

妊娠中は、妊娠状態を維持するために黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発に分泌されるようになります。

黄体ホルモンは、体全体の代謝を低下させ、体内に栄養を蓄えます。そして、摂取した栄養を逃がさないように、胃や腸などの運動を鈍くさせ、便秘をひこ起こしやすくします。また、体内に水分を蓄えるように働きかけるので、大腸から水分を吸収してしまい、便に水分が行き渡らずに便が硬くなり、排便しにくくなります。

妊婦の便秘の原因②:食生活の変化

便秘には食事が大きく影響します。妊娠初期はつわりの影響で、食べれるものだけ食べるなど、食事の内容も大きく変化しやすいです。その結果、排便を促すために必要な、食物繊維や水分が不足することで、便秘になります。

妊婦の便秘の原因③:ストレスや疲労

妊娠中は、精神が不安定になりがちで、体調や生活の変化からストレスや疲労も感じやすくなっています。ストレスや疲労は、自律神経の乱れにもつながります。腸の運動は自律神経の影響を受けやすく、自律神経が乱れた状態が続くと、腸の働きが弱くなり、便秘になってしまいます。

妊婦の便秘の原因④:運動不足

妊娠中はどうしても、運動不足になりがちです、特に妊娠初期は、あまり運動ができないので、日常的な運動不足になってしまいます。適度な運動は、体の代謝をあげたりと腸の働き促す働きがあるので、運動量が減ることで便秘になりやすくなります。

妊婦の便秘の原因⑤:腸の圧迫

妊娠後期になると特に、胎児が大きくなることで、腸を圧迫します。腸は圧迫されると、動きが抑制され、血流も悪くなり便秘になります。また、腸だけでなく肛門も圧迫されるため、便秘だけでなく、痔に悩まされる方も多くなります。

妊婦の便秘が胎児に与える影響

妊娠中の便秘が長く続くと、一番心配になるのが胎児への影響ではないでしょうか。

「便で圧迫されて赤ちゃんが苦しくないのか?」

「便から発生する有害物質が赤ちゃんに影響するのではないか?」

「流産や早産になってしまうのではないのか?」

妊婦の便秘が胎児に与える影響について見ていきましょう。

胎児は子宮に守られてる!?

子宮は、膀胱と直腸の間にあり、胎児が成長するとお腹の外側へと大きく膨らみ、膀胱や直腸は下や後ろに移動します。また、内臓は胎児の大きさに合わせて変形するため、便に圧迫されて胎児がが苦しくなるようことはありません。
また、子宮の中は無菌状態で保護されていて、必要な栄養だけをへその緒から取り込んでいるので、便から発生する有害毒素を取り込むことはありません。

また、排便時にいきむことで、流産や早産の心配をする方がおられますが、出産間近で子宮口が開いている場合を除き、いきむことで流産や早産につながることはありません。妊娠中の便秘で、問題があるとすれば胎動が感じにくくなることです。胎動を感じにくくなることで、胎児の体調の変化に気づかない可能性もあるので、なるべく改善したいところです

そして、それよりも注意が必要なのが、妊婦の便秘が出産後の赤ちゃんに与える影響です。

妊婦の便秘が赤ちゃんのアレルギーの原因?

妊娠中にママが便秘だと、生まれてくる赤ちゃんはアレルギーになりやすいと言われています。これは、一体どういうことなのでしょう?

これには、ママの腸内環境が大きく関係しています。便秘中の腸内環境というのは、善玉菌が減少し悪玉菌が増えている状態です。妊娠中、ずっと無菌状態の中にいた赤ちゃんの腸に、初めて腸内細菌が棲みつくのは、出産時に通るママの産道や肛門付近に住む細菌に触れるときです。便秘中のままの産道を通って生まれてくる赤ちゃんの腸に棲みつく善玉菌は極端に少なくなってしまいます。腸に棲む善玉菌は、体の免疫力とも関係していたり、アレルギーを抑える作用もあります。

そのため、便秘中のママから生まれた赤ちゃんは、便秘がちになるだけでなく、アレルギー体質になる可能性が高くなると言えます。

妊婦の便秘改善はどうすればいいの?

便秘を改善するために、食生活の改善や適度な運動ができればいいのですが、妊娠中は難しいことも多いです。だからといって、薬を飲むこともできない妊婦さんにオススメなのが「乳酸菌サプリ」です。

腸内環境の改善や、便秘にいいとされる乳酸菌。乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトなどの発酵食品を摂る必要があります。しかし、これが意外に大変で、ヨーグルトはお腹を冷やしてしまい便秘には逆効果だったり、発酵食品の匂いは妊婦さんにとっては結構きついもの。そのため、継続して食べ物から乳酸菌を摂取することは難しいのです。
そこで、妊婦の便秘の救世主が乳酸菌サプリなのです。乳酸菌サプリは、健康食品なので副作用の心配もありませんし、成分表示をしっかり確認すればアレルギーの心配もありません。

ただし、しっかりと便秘改善の効果があり、妊娠中でも飲むことができる乳酸菌サプリを選ぶことが重要です。

妊婦でも飲める乳酸菌サプリはあるの?

乳酸菌は便秘にいいからといって、ただ乳酸菌を摂取すればいいわけではありません。ヨーグルトだけでも乳酸菌の種類はたくさんあります。乳酸菌サプリなどを合わせると乳酸菌の種類は無数にあるのです。

だからこそ、妊婦さんの便秘改善に効果が期待できる乳酸菌を選ぶことが大切です。便通改善に効果が期待できる乳酸菌の見つけ方としては、特許を取得していたり、研究機関の信頼性、機能性表示食品など、乳酸菌の研究や効果にたいしての信頼性の高いものを選ぶことです。

また、妊婦さんが心配される「アレルギー」の問題。乳酸菌サプリには必ず全成分が表示されていて、そこでアレルギー物質が含まれているかもわかります。乳酸菌サプリに配合されているアレルギー物質で多いのが、ゼラチン・大豆・乳など。しっかりと確認することが大事です。

そして、妊婦さんにとって重要なこと。それは「飲みやすさ」です。乳酸菌サプリには、粉末タイプ・タブレットタイプ・カプセルタイプ・ドリンクタイプなどもありますが、飲みやすさでおすすめなのはタブレットタイプやカプセルタイプです。

妊婦さんの便秘改善にオススメな乳酸菌サプリ

妊婦さんの便秘改善に効果のある乳酸菌サプリの見つけ方のポイントをまとめると、

・乳酸菌の研究・効果の信頼性が高いものを選ぶ

・アレルギーの心配がないものを選ぶ

・飲みやすいものを選ぶ

このようになります。

乳酸菌サプリは、健康食品なので副作用の心配はありませんが、不安な方は専門医に相談することも大切です。これらのポイントを踏まえて、オススメの乳酸菌サプリを紹介します。

米由来の乳酸菌サプリ「米のしずく」

「米のしずく」は、経済産業省(近畿経済産業局)と神戸大学と菊正宗による乳酸菌研究によって商品化されているため、研究や効果に対しての信頼性はとても高い乳酸菌サプリです。そして、主な原材料は、米と乳酸菌のみのアレルゲンフリーになっているので、アレルギーの心配もありません。また、「米のしずく」には、タブレットタイプとドリンクタイプがあるので、飲みやすい方を選ぶことができます。

子供でも飲める米のしずく

「米のしずく」は、先ほど紹介した妊婦さんの便秘改善に効果のある乳酸菌サプリの見つけ方のポイントをすべて満たしています。また、菊正宗に直接問い合わせをしたところ、妊娠中の方でも飲んでも大丈夫だという回答をいただきました

また、「米のしずく」に配合されている「LK-117乳酸菌」は、腸内環境を改善するだけでなく、体の免疫にも作用し、アトピーやアレルギー、花粉症などにも効果が期待されています。また、米由来の乳酸菌ということもあり、日本人の腸とも相性がいいと言われています。

米のしずくの公式サイトを見る

乳酸菌サプリが妊婦や胎児に与える影響は?

最後に、乳酸菌サプリが妊婦さんに与える影響は本当にないのでしょうか?妊婦さんが乳酸菌サプリを飲むときに注意してほしいことが2つあります。

・抗生物質の薬との併用

・他の乳酸菌サプリとの併用

抗生物質は、風邪や感染症などにかかったときに処方されることがあります。この抗生物質には、体内の病原菌を消滅させるのと同時に、腸内細菌も消滅させてしまいます。そのため、抗生物質と乳酸菌サプリを併用しても、乳酸菌の効果を得ることができません。

また、乳酸菌の効果を得ていからと、いろいろな乳酸菌サプリを同時に摂取する方もいますが、これはあまり意味がありません。乳酸菌と腸には相性があるため、乳酸菌の効果も人それぞれです。同時に乳酸菌サプリを摂取してしまうと、どの乳酸菌サプリと相性がいいのかわからなくなってしまいます。むやみにいろいろと試すのではなく、一つの乳酸菌サプリを続けてみて、腸との相性を見極めることも大切です。

何度も言いますが、乳酸菌サプリは食品です。そのため、副作用はありません。妊婦さんが乳酸菌サプリを飲んだからと言って、お腹の中の赤ちゃんに影響はありません。乳酸菌サプリを飲むうえで注意することは、原材料にアレルギー物質が含まれていないかです。妊娠中は、乳酸菌は積極的に摂取するほうが、お腹の中の赤ちゃんにも良い影響を与えることになるので、上手に付き合っていくことをおすすめします。

米のしずくの公式サイトを見る

  • LINEで送る