背中のブツブツ綺麗にしたい!入浴やスキンケアを変えるだけで激変!

[公開日]

[最終更新日]2017-12-28

  • LINEで送る

ある日、ふと鏡に映る自分の背中を見たら「なんか汚い!」。気になる背中のブツブツ。綺麗にしたいと思ったけど、自分では見えない部分だからスキンケアもおろそかになりがち。夏までに背中を綺麗にしたい!そんな背中は入浴やスキンケアを変えるだけで激変します!

背中が汚い!ブツブツの種類や原因

普段は自分で見ることが少ない背中、そのためブツブツやシミといった肌トラブルは見落としがちになります。ふと自分の背中が汚いと気づいた時にショックを受ける人も多いはず。まずは、背中のブツブツにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

背中のブツブツの種類①:ニキビ(マラセチア毛包炎)

その名のとおり、背中にできるニキビです。
ただし、ニキビといっても、背中ニキビは顔にできるニキビと少し異なります。顔の場合、毛穴詰まりによって毛穴に皮脂や汚れが溜まるとアクネ菌が増殖し炎症を起こすことでニキビができます。
一方、背中ニキビの場合は、マラセチア真菌(カビの一種)が皮脂を分解して、遊離脂肪酸という刺激物質を生成することで炎症を起こしニキビができます。マラセチア真菌によるニキビの正式名称は「マラセチア毛包炎」といいます。

どちらの菌も日頃から皮膚にいる常在菌ですが、アクネ菌によるニキビと比べて、マラセチア真菌によるニキビは、かゆみや痛みがあまりないという特徴があります
もともと背中は皮脂の分泌が多く、マラセチア真菌が繁殖しやすい部位であるため、この背中ニキビに悩んでいる人も多いです。

背中のブツブツの種類②:毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

毛孔性苔癬は、毛穴に角質が詰まったり固まったりすることでブツブツと盛り上がってしまう症状です。背中だけでなく、二の腕や足、おしりなどにも起こる可能性があります。毛孔性苔癬は、毛孔性角化症とも呼ばれ、炎症が起きてるわけではないため、かゆみや痛みなどはありません。

本来であれば、肌表面にある角質は皮膚のターンオーバーとともに剥がれ落ちていくのですが、その過程で異常が生じることで、毛穴周辺に古い角質が溜まり毛穴をふさいでしまいます。この原因は今だ解明されておらず、遺伝要素が強いと考えられています。また、年齢とともに治る傾向があり、30代までに改善されることも多いようです。健康面に問題があるわけではないのですが、ブツブツとした見た目に悩んでいる人は多いです。

背中のブツブツの種類③:粉瘤(ふんりゅう)

粉瘤とは、皮膚のターンオーバーによって表面に出てきた老廃物が正常に排出されず、皮膚の内側に溜まってしまたもののこといい、この症状は別名「アテローマ」と呼ばれます。初期症状は、皮膚に白ニキビのようなしこりが発生する程度ですが、進行すると肥大し、その溜まった老廃物をエサに雑菌が増殖すると、痛みをともなう炎症を起こすことがあります。

粉瘤の場合は治療が必要となり、局部麻酔下で切除手術を行うのが一般的です。炎症が生じている場合は抗生物質が用いられます。

ブツブツだけじゃなかった!背中が汚い原因

背中は、普段は自分で見ることが少なく、スキンケアも不足しています。
そのため、肌は常に無防備な状態です。皮脂の分泌が多いといっても、入浴時のゴシゴシ洗いや、タオルでのゴシゴシといった摩擦、ブラジャーや肌着による刺激を受けて乾燥し、肌バリアも低下してしまいます。

日々の摩擦や刺激、ニキビができても気づかれずに症状が悪化、夏に浴びた紫外線、これらのダメージは、黒ずみやシミとなって現れます。そんな黒ずみやシミの原因となるメラニン色素は、皮膚のターンオーバーによって排出されるのですが、スキンケア不足で乾燥しがちな背中はターンオーバーも乱れがちに。そんなスキンケア不足が、ブツブツや黒ずみといった背中を汚くする大きな原因でもあるのです。

入浴やスキンケアで背中を綺麗に!

普段、スキンケア不足になりがちな背中は、入浴方法を意識したり、スキンケアをしてあげることで劇的に変化します。

背中を綺麗にするために入浴時に意識したいこと

背中を綺麗にするために入浴時に意識してほしいことは、ボディーソープやシャンプーの洗い残しです。
体や髪の毛を洗った後、体に付着した泡などはしっかりと洗い流せていますか?ボディーソープやシャンプーに含まれている成分が肌に残っていると、それが刺激となって乾燥、またマラセチア真菌などのエサとなってしまいます

そして、もうひとつは、体を洗う時と拭くときのタオルでのゴシゴシ。どうしても背中は手が届きにくいため、ゴシゴシと擦ってしまうことが多いです、しかし、それが肌を傷つけてしまい乾燥につながります。

理想の入浴は、ボディーソープやシャンプーはできるだけシンプルで肌に負担の少ないものを選び、
全身を洗った後は、熱すぎないお湯(38~40℃)に10分程度つかること。これが、しっかりと身体を温めてリラックスできる時間です。そして、入浴後はしっかりと保湿ケアを行います。

背中を綺麗にするためには保湿スキンケアが必要

スキンケアが必要なのは顔だけではありません。背中もしっかりとスキンケアをしてあげる必要があります。特に背中を綺麗にするために必要なのは「保湿」です。

保湿をすることで、角質も柔らかくなり、皮膚のターンオーバーが正常化されるので、肌が生まれ変わり綺麗になります。また、バリア機能も向上し、新たな肌トラブルを防ぐことができます。

手が届かない!背中のスキンケアはどうすればいい?

背中のスキンケアをいざ始めようと思ったときに、多くの方が「手が届かない!」という壁にあたります。化粧水はスプレータイプのものあるので大丈夫ですが、問題はクリームです。そんなときは、背中にクリームや軟膏を塗るためのアイテムを活用します。



ユースキン 新セヌール(1本入)【ユースキン】

価格:278円
(2017/12/27 14:34時点)
感想(56件)


こちらのユースキンが販売している「セヌール」は、Amazonや楽天でも300円程度で売られています。背中のスキンケアには欠かせない必需品になること間違いなしです。

背中専用のジェルクリームが大人気

TBSやフジテレビなどの多くのニュースで取り上げられている「Jitte(ジッテプラス)」。
タレントの手島優さんも愛用していて、綺麗な背中をつくるジェルクリームとして大人気です。

顔と背中は、顔はアクネ菌、背中はマラセチア真菌といった常在菌の違いや、皮膚の厚さにも違いがあります。その他、紫外線や空気、メイクからの刺激を受けやすい顔、肌着との摩擦や汗による刺激を受けやすい背中とではスキンケアも変わってきます。

皮膚の厚さが顔の5倍ともいわれる背中でも、しっかりと浸透して保湿ケアができるように開発されたのが「Jitte(ジッテプラス)」です。また、保湿成分もだけでなく、皮脂の過剰分泌による菌の増殖を防ぐ洗浄成分や、黒ずみの原因となるメラニン対策の美白成分も配合されています。

通常購入だと6,980円(税込)ですが、定期購入にすると初回限定で980円(税込)とお得に購入できます。ただし、4回以上の継続が必要です。パラベンやアルコールなども不使用で、全身にも使えるように作られているため肌への刺激も少ないですが、どうしても不安な方は、万が一肌に合わなかった場合の返金保証制度もあるのでそちらを利用するのもいいでしょう。
今まで、スキンケアを何もしてこなかった背中。このままでは、年を取るにつれてどんどん汚い背中になってしまいます。せっかく気づいた今こそ、背中のスキンケアを始めるときです。

 

背中専用ジェルを公式サイトで詳しく見る >>


 

夏までに綺麗にしたい!背中のブツブツ

スキンケアを始めて効果がでるまでどのくらいの期間が必要かご存知ですか?
皮膚のターンオーバーの周期は約28日です。つまり、今の状態の肌細胞が生まれ変わるのに約1ヵ月は必要です。ただし、これは健康な肌に言えること。乾燥してバリア機能が低下し、何かしらのトラブルを起こしている肌は、ターンオーバーの周期も乱れた状態。
まずは、ターンオーバーを正常にして、刺激に負けない元気な肌を育てることが必要になります。それから、トラブルによって傷ついた肌を修復していきます。
スキンケアの効果が出るまでには、最低でも1ヵ月~3ヶ月はかかると思っておいたほうがいいです。

今まで、スキンケアを何もしてこなかった背中。このままでは、年を取るにつれてどんどん汚い背中になってしまいます。肌の露出が増える夏までに背中を綺麗にしたいのであれば、今すぐ背中のスキンケアを始めるべきです。

 

背中専用ジェルを公式サイトで詳しく見る >>


 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で肌キュアをフォローしよう!

スポンサーリンク


  • LINEで送る
%d bloggers like this: