毛穴の不思議

[公開日]

[最終更新日]2017-09-04

  • LINEで送る

「毛穴が目立ってしかたない」そんな悩みをもった方は多いです。

年代別のお肌の悩みを見てみるとこのとおり。

20代・・・1位 毛穴の黒ずみ  2位 乾燥・かさつき  3位 毛穴の開き
30代・・・1位 毛穴の開き  2位 しみ  3位 毛穴の黒ずみ
40代・・・1位 しみ  2位 乾燥・かさつき  3位 毛穴の開き
50代・・・1位 しみ  2位 しわ  3位 ハリ・弾力

50代では5位に毛穴の開きがランクインしている。女性の悩みに多い「にきび」も毛穴の詰まりが原因で起こります。女性の肌と深く関係している毛穴について、解説していきます。

毛穴とは

毛穴は医学的には「毛包」と呼ばれます。毛穴の中は、からだの「外」です。毛穴は、皮膚にあいた「穴」ではなく、皮膚が落ち込んでできた「くぼみ」なのです。。毛穴の壁は、皮膚でできているので、毛穴の中は皮膚の外になります。外ということは、皮膚の表面と同じように、毛穴の中には雑菌がいるということになります。。また、皮脂腺が毛穴の出口付近に閉口していますので、毛穴の中は常に皮脂で満たされています。菌と脂の混じり合ったものが毛穴に充満していて、空気はほとんどありません。

顔の毛穴の大きい、小さいは、男性ホルモンの量でほぼ決まります。思春期から、いわゆる性ホルモンの分泌が始まりますが、とくに男性ホルモンの影響を受けて皮脂腺が発育していきます。皮脂腺がとても大きくなれば毛穴が目立つ肌になり、男性ホルモンが少なくて皮脂腺の発育が悪ければ、毛穴の目立たない肌になります。男性ホルモンの多い、少ないは遺伝なので、毛穴の大きい、小さいも、生まれる前から遺伝子によってほぼ決まっています。人の体でもっとも皮脂腺が発育しているのは頬で、その次が顔です。

いちご

毛穴が黒く見えるのは?


先ほどのランキングにあったとおり「毛穴の黒ずみ」で悩まれている方が多いです。多くの方は毛穴に汚れが詰まって黒ずんでいると思われているでしょう。でも、実際は汚れなど特に詰まってはいません。毛穴は穴ですから、詰まっていなくても黒く見えてしまうのです。鼻の穴が黒く見えるのと、同じです。



皮脂が詰まっている人もいますが、皮脂は「汚れ」ではありません。毛穴は、皮脂を分泌するための穴ですから、皮脂が入っているのは当然のことです。毛穴の中に皮脂があるのは、口の中に唾液があるのと同じことです。その皮脂を、パックなどで取り出すことはできますが、また無限に出てきますから意味がありません。スキンケアで皮脂を減らすことはできないのです。

毛穴を目立たなくするには?


毛穴が目立ってしまう原因には、乾燥などが原因で角質が厚くなり、毛穴の出口が角質でふさがれて、詰まりやすくなっていることがあります。まわりの角質をやわらかくすることで、毛穴をめだたなくするこことができます。
ピーリング化粧品や酔素洗顔料を使って、角化して厚くなった角質、古くなった角質をはがすスキンケアをしましょう。

「開いた毛穴」は予防できる!

残念ながら、スキンケアで毛穴を小さくするということは、ほとんどできません。皮膚には毛穴があるのが正常な状態だからです。スキンケアと毛穴の聞きはあまり関係ありません。もともとの大きさは生まれつきであるとしても、しかし老化で皮膚がたるんでくると毛穴はさらに聞いてきます。たるんだ毛穴が連なっていくと、やがてシワになっていきます。でも老化による毛穴の開きは予防できます。

コラーゲンが劣化して、毛穴をまわりから支える力がなくなるために、ゆるんで広がってくるのが「たるみ毛穴」です。これを防ぐにはコラーゲンです。コラーゲンを飲んでも皮膚には沈着しませんが、レチノール、ピーリング材などをスキンケアにとり入れることで、ある程度はコラーゲンを維持することができます。喫煙などは要注意!タバコを吸うと、末梢毛管が細くなるため、血行が阻害され、肌には栄養がいかなくなります。吸う量が多かったり、長く続けていれば、それだけ、肌老化が早まります。規則正しい生活ももちろん大切です。

スポンサーリンク


  • LINEで送る
%d bloggers like this: