ビタミンはたくさんとっても大丈夫?

[公開日]

[最終更新日]2015-08-28

  • LINEで送る

Q : 美肌のためにはビタミンをとるとよいと聞き、毎日いろいろな種類のビタミン剤を飲んでいます。たくさんとっても問題ありませんよね?

ANSWER.



過剰摂取すると、健康を損なうこともあります

すっかり私たちの生活になじみ深くなったビタミン。
ビタミンには体内で栄養素がスムーズに機能するのをサポー卜したり、体調を整えたりする働きがあり、人聞が生きていくためには欠かせない成分です。しかし、ほとんどのビタミンは体内で作り出すことができないため、食事やサプリメントからとる必要があります。

そこで問題になるのが過剰摂取です。自然界にある食べ物ならビタミンが豊富といっても、その含有量には限界があります。

ふだんの食生活の中で食べる量なら、過剰摂取になってもることはまずありません。しかし、特定のビタミンが多くなるように加工された食品やサブリメントの場合は、一日の必要量を超えてしまうことがあります。

特にビタミンの中でも、脂溶性のビタミン(ビタミンA、D、Kなど)は体内に蓄積されやすく、
頭痛や疲労感、皮膚のかゆみといった週剰症(中毒症)の可能性があるので、注意が必要です。体の調子を整えるためのビタミンが、偏った摂取によりかえって調子を落とすもとを作ってしまうことも念頭においたうえで、一日の必要量を知り、とりすぎに注意しましょう。

スポンサーリンク


  • LINEで送る
%d bloggers like this: