アレルケア「L-92乳酸菌」が効かないと感じたら試してほしいこと

[公開日]

[最終更新日]2019-11-22

  • LINEで送る

アレルケアは効かないと感じた方・これから試したいという方必見!!
なんとなく効きそうだからとアレルケアを飲んでみただけのあなた。アレルケアは何に効果があるのか知っていますか?アレルケアが効かないと感じた時にこそ必ず試してほしいことがあります!

この記事は約10分で読めます。

こんな方に見てほしい

このページは、アレルケアを飲んだけど効かないと感じている方に見ていただきたいページです。

※2019.11.22 内容の更新、新しい情報を追記しています。

概要

アレルケアが効かないのは本当?

カルピスの「L-92乳酸菌」が配合されている「アレルケア」。
最近では「L-92乳酸菌」ドリンクのCMでジャニーズの山下智久(山ピー)さん起用するなど、カルピスが莫大な広告費をかけていることが分かります。

そのため、「L-92乳酸菌」が配合されている「アレルケア」はかなり認知度が高い乳酸菌サプリメントです。
だからといって、必ずしも「認知度=効果がある」わけではありません
実際に、口コミなどを見るとアレルケアが効かないと感じている人も多くいます。

アレルケアを飲んだきっかけは「良さそうなイメージ」

アレルケアを飲んだきっかっけとしては、

「アレルギーに効果がありそう」
「アトピーに効きそう」
「花粉症にも良さそう」
「乳酸菌だし体に良さそう」

といったように、テレビCMや広告のイメージからなんとなく良さそうだから飲んでみたという方が多いようです。
では、実際にアレルケアは何に効果があるのかを知っていますか?
カルピスのアレルケアの販売ページの画像がこちら?

アレルケアの広告のイメージ

あなたは、これを見てアレルケアが何に効果があるように感じますか?
刺激、敏感、デリケートとはどういったことでしょうか。

アレルケアの効果について

アレルケアのテレビCMや広告を見ていても、曖昧な説明ばかりで「何に効くのか」「なぜ効くのか」ってよく分からないと思いませんか?

それもそのはず、乳酸菌サプリなどの健康商品には、薬機法で広告で表現できる内容に規定があり、「〇〇に効きます」と謳うことができないのです。

そんな中で、カルピスの広告から伝わってくるのは「なんとなくアレルギーに効くのかな?」というイメージです。そこから分かるのは、カルピスが伝えたいことは、アレルケアが花粉症やアトピーなどのアレルギー全般に効果が期待できるかもしれない商品であるということ。

アレルギーとは

アレルギーとは、特定の物質(アレルゲン)に対して、体に免疫機能が敏感に反応してしまうことです。免疫機能とは、人が生まれたときから持っている体を守るシステムで、体内に入ってきたウイルスやアレルゲンなどの異物に対する防衛反応を起こします。

本来であれば、害のあるものから体を守るために働く免疫ですが、アレルギーとは体に害のないもの(食事や花粉、ハウスダストなど)に対しても過剰に反応してしまっている状態です。

代表的なアレルギー疾患は、花粉症やアレルギー性鼻炎(通年性)、アトピー性皮膚炎などがあげられます。日本人のアレルギー患者数は年々増加していて、現在ではアレルギー有病者数は2人に1人と言われています。

アレルケアのアレルギーへの効果

実際には、アレルケアがアレルギーに効果があるとういのは間違いで、正しくは、アレルケアに配合されている「L-92乳酸菌」にアレルギーに対しての期待できる効果があるということです。

このアレルケアに配合されているL-92乳酸菌のアレルギーに対する効果については、カルピスの研究成果では以下のような記載がされています。

さまざまな研究の末、「L-92乳酸菌」はアトピー性皮膚炎や通年性アレルギー性鼻炎、花粉症など、アレルギー症状への有効性が次々と明らかにされています。

引用元:「L-92乳酸菌」のアレルギー症状への有効性|「カルピス」由来の健康情報室

  • なんで、実験結果で効果があると分かっているのに、このことを消費者に伝えないんですか?

    person_p

    みきさん

  • person_f

    佐々木まい

    さっき説明した薬機法で表現については細かく決められていて、乳酸菌サプリは医薬品ではないため「効く」とは言えないの。

L-92乳酸菌のアレルギーへの効果

L-92乳酸菌のアレルギーへの効果について、わかりやすく解説していきます。

アレルギーは免疫細胞のバランスが崩れることで発症します。
人の免疫機能には、ウイルスや細菌から守ったり、免疫細胞をコントロールする「1型ヘルパーT細胞(Th1)」と、ダニやほこりなどのアレルゲンに反応する「2型ヘルパーT細胞(Th2)」があります。

2つのT細胞は互いにバランスをとりながら免疫をコントロールしています。しかし、環境や生活習慣によって、Th2が過剰になったりTh1が弱まったりすると、免疫バランスが崩れて、本来は体に害もない物に対してもアレルギーが発症してしまうのです。

カルピスは2000年頃から「L-92乳酸菌」の研究を始め、「L-92乳酸菌」が免疫細胞のバランスを整えることで、花粉症、アレルギー性鼻炎(通年性)、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和することを研究を通じて明らかにしています。

  • L-92乳酸菌の効果は証明されているのに、アレルケアが効かないことってあるんですか?

    person_p

    みきさん

  • person_f

    佐々木まい

    実は、効かないことはあります。それは、乳酸菌と人の腸内細菌との関係は親密であり複雑で、相性であったり、乳酸菌の摂取方法によって個人差が出てくるの。

アレルケアが効かないときに試してほしいこと

研究成果などからも効果に対する信頼性は高いアレルケアですが、飲んでみたけど効かないと感じるのには理由があります。

アレルケアを飲んでみたけど効かなかったと諦めてしまうのではなく、アレルケアが効かないと感じたときこそ試してほしいことをお伝えしていきます!まずは、どうして効かないのか、どうすれば効くのかなど、アレルケアが効かないと感じる理由から説明していきます。

アレルケアは1ヵ月では効かない!?

アレルケアの場合、CMや広告などでも「L-92乳酸菌で花粉症が8週間で改善?」などと書かれているため、すぐに効果が出そうなイメージを持っている方が多いです。
よく考えてみてください。8週間と聞くと早いような気がしますが、2ヵ月と聞くと長く感じませんか?
また、本当に2ヵ月で効果が出るのかという点では、個人差もあるので一概には言えません。
この8週間という期間も、実験した結果、8週間で症状の改善が見られた人が多かったというだけで、その中には効かなかったという人もいるかもしれません。

逆にいうと、根本的な治療法がないアレルギーを2ヵ月で治せるなんてありえません。
乳酸菌サプリメントでよくある、便秘などの改善効果を目的とした場合は、1ヵ月程度で効果が出ると言われていますが、アレルギーに対しての有用性というのは、腸内環境を改善するだけでなく、免疫バランスそのものに働きかけ体質を改善していくものなので、もう少し長期的に考えるべきなのです。

1ヵ月程度試してみてアレルケアは効かないと感じていても、弁日が改善されたり、お腹の調子が良いと感じるのであれば、最低でも3カ月は続けてみるようにしましょう。

アレルギーに作用する乳酸菌は「特別な乳酸菌」

多くのサイトで、「乳酸菌」というカテゴリーで様々な商品を紹介していますが、実際に、乳酸菌はそれぞれ特徴が異なり、敏感肌などのアレルギー疾患に作用する乳酸菌は、一般的な乳酸菌とは別物です。

基本的に乳酸菌サプリメントの効果に関する区別は、
・整腸作用のみ(便秘・腸内環境改善を目的としたもの)
・整腸作用+アレルギーに作用する(乳酸菌に特別な働きがあるもの)
・整腸作用+その他の成分(乳酸菌と別に効果のある栄養素プラスしたもの)
というように大きく分けて3つあります。

基本的に乳酸菌そのものには、整腸作用が期待されるので、「アレルギーに効果がある乳酸菌サプリメントには、アレルギーに対する特別な効果が乳酸菌が配合されている」と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

また、「便秘に効く」と宣言できるサプリメントもありますが、腸内環境を整えて便秘を改善することは医療行為ではないので「効く」と宣言するには、ある程度簡単な手続き(※費用はかかる)で効果効能を謳うことができます。しかし、アトピーなどのアレルギー疾患は「医療に通じるもの」なので、効くということは言えません。

そのため、便秘に効く乳酸菌だから、アレルギーにも効果があるわけではありません

「乳酸菌=体にいい」という言葉だけにとらわれるのではなく、「何に効果が期待できる乳酸菌なのか」を注意して見極めることが大切です。

アレルケア(乳酸菌)だけに頼りすぎない!

人の免疫バランスというのは、食事内容や生活習慣によっても乱れてしまいます。
アレルケアを含む乳酸菌サプリメントは、あくまでも健康食品で、その他に健康な身体作りに必要な栄養は食事などから摂取する必要があります。つまり、それだけに頼るのではなく、免疫バランスを正常にするには生活習慣を見直すことも大切ということ。
一度ご自身で以下のような生活習慣ができているか見直してみましょう。

・バランスの摂れた食生活
・喫煙はしない
・お酒を飲み過ぎない
・質の良い睡眠をとる
・適度な運動をする
・ストレスを溜めない
・体を冷やさない
・よく笑う

これらのことは、健康的な身体づくりでも重要なことです。この機会に乳酸菌を継続すると同時に日常生活も少し意識してみてください。

乳酸菌と腸の相性も重要!

人の腸には、全体の6割以上もの免疫細胞が集中しているのですが、そんな腸内には100~3000種類の腸内細菌が100~1000兆個も棲んでいます。乳酸菌は腸に届けられると、腸の健康を保っている腸内細菌の働きをサポートすることで、腸の消化吸収機能や免疫機能を活性化します。それが、乳酸菌の健康効果の秘密です。

しかし、人に個性があるように人の腸にも個性があり、腸に棲んでいる腸内細菌の種類や数が違います。同じ物を食べていても太る人と太らない人がいるのは、腸内環境に違いがあるからです。
そのため、腸内細菌と乳酸菌にも相性があり、相性が良ければ乳酸菌の効果を十分に感じることができ、反対に相性が悪ければ全く効かないということも。

口コミなどでアレルケアが効く人と効かない人がいるのは、相性が関係している可能性も。特に、アレルケアに配合されているL-92乳酸菌はヒト由来の乳酸菌であるため、日本人と相性がいい植物性の乳酸菌と比べて相性によって効果が左右されやすいとも考えれます。

アレルケアが効かないと感じた人は、もしかしたら相性が良くない可能性も考えられるので、アレルギーに効果が期待される他の乳酸菌を試してみることをオススメします。

アレルケアと同じ効果が期待できる乳酸菌サプリ

アレルケアはCMや広告でも大きく宣伝されているため、注目されがちですが、アレルケアの「L-92乳酸菌」と同じように、免疫バランスに働きかける効果が期待できる乳酸菌サプリは他にもあります

その中でもオススメなのは、大手酒造メーカーの菊正宗が発見した乳酸菌「LK-117」です。「LK-117」が持つアレルギーに対するメカニズムは「L-92乳酸菌」とほとんど同じです。また、その効果についてもしっかりと研究成果で証明されています。

さらに、「LK-117」が配合された乳酸菌サプリの「米のしずく」は、国の行政機関である経済産業省の地域資源活用型研究事業として開発された商品、要するに、国のお墨付きということもありその効果にも期待されています。

komenoshizuku-otonaatopi03

さらに、米のしずくの開発における乳酸菌研究そのものが、2015年に日本生物工学会による生物工学技術賞を受賞するほど。これらのことから、カルピスのアレルケアよりも、菊正宗の米のしずくの方が名実ともに優れていると言えるでしょう。

  • なんか、LK-117の方がアレルケアの乳酸菌より良さそうですね。

    person_p

    みきさん

  • person_f

    佐々木まい

    大手であること以上に、研究結果が認められていたり、商品開発の経緯が明確なものは信頼性が高いのは事実です。また、LK-117は米由来の乳酸菌だから、日本人の腸とも相性がいいと言われてるの。

特にアレルギーでお悩みの場合、アレルケアが効かないから乳酸菌サプリは無駄だと諦めてしまう前に、他の乳酸菌サプリも試してみるのもありです。日々の生活で免疫力を高めることはできても、アレルギー体質(免疫バランスが乱れた状態)を改善することは簡単ではありません。
これらのアレルギーに効果が期待される乳酸菌サプリは、薬と違って副作用の心配もないので、試してみる価値はあるといえるでしょう。

米のしずくを公式サイトで詳しく見る

乳酸菌サプリが注目されている理由

乳酸菌は昔から健康に良いことは知られています。
その理由は、乳酸菌には多くの働があるということです。乳酸菌の働きで有名なのは整腸作用ですが、それだけなく免疫力を高めることによって様々な病気の予防や改善につながることもわっかってきています。免疫や腸内細菌が集まる腸内環境を良い状態に保つことが健康を維持するためにとっても重要なのです。

乳酸菌を多く含む食品の代表といえばヨーグルトですが、最近は乳酸菌の違いによって様々な種類のものが発売されています。それは、乳酸菌の研究によって、乳酸菌の種類ごとにその働きが違うことがわかってきたからです。乳酸菌を選ぶときは、自分が求めている効果が期待できるものを選ぶことも大切になります。

だから、自分が求めた効果が期待できる乳酸菌を手軽に効率よく摂取できるものとして乳酸菌サプリが注目されているのです。ただし、あくまでも乳酸菌サプリは健康食品です。毎日の生活を見直しながら自分にあった乳酸菌サプリを上手く取り入れることが大切です。

日本人の腸と相性のいい乳酸菌

先ほどもお伝えしましたが腸内細菌と乳酸菌にも相性があり、相性が良くなければ乳酸菌にの効果を十分に感じることができません。

数多くある乳酸菌を大きく分けると、「動物性由来の乳酸菌」「植物性由来の乳酸菌」「ヒト由来の乳酸菌」に分けられます。
動物性由来の乳酸菌に代表されるのは、チーズやヨーグルトに含まれる乳酸菌です。
植物性の乳酸菌は、味噌やしょうゆ、漬物など食物から作られている発酵食品に含まれいます。
ヒト由来というのは、健康な人の腸にいた菌を培養したものです。アレルケアのL-92乳酸菌もヒト由来の乳酸菌です。

ヒト由来の乳酸菌だから、ヒトの腸と相性がいいと思われがちですが、人には個性があるように人の腸にも個性があり、人の腸に棲んでいる腸内細菌の種類や数が違います。そのため、相性がいいとはかぎりません。
それよりも、昔から野菜や穀物を中心とした食生活を続けてきた日本人の腸には、植物性由来の乳酸菌の方が相性がいいと言えます。

特に、米のしずくのLk-117乳酸菌は、植物の中でも米由来の乳酸菌です。日本人の主食である「お米」。だからこそ、アレルケアが効かないと感じている方は、「米のしずく」を試すことをオススメします。

更に言えば、他の乳酸菌サプリメントは、自社開発によって製品化したものですが、この「米のしずく」においては、国の機関である経済産業省が菊正宗に、「アトピーなどのアレルギー疾患に作用する乳酸菌を使って、サプリメントを作ってください!」とお願いされて商品化されたものです。信頼度という意味では、これほどの信頼性が高いものはないのではないでしょうか。

米のしずくを公式サイトで詳しく見る

子供にもオススメな「米のしずく」

アレルケアと同じような効果が期待できる「米のしずく」は、大人子供に関係なく飲んでほしい乳酸菌サプリメントです。

もともと、子供のアトピーの改善を目的として作られたという背景もあり、子供でも飲みやすいヨーグルト味になっています。さらには、乳酸菌の効果だけでなく、お米由来の栄養成分である食物繊維やポリフェノール、D-アミノ酸なども豊富に含まれています。

米のしずくには、タブレットタイプとドリンクタイプの2種類があるので、飲みやすい方を選ぶこともできます。
アレルゲンフリーになっているので、アトピーやアレルギーが心配なお子様や、インフルエンザの予防などに最適な乳酸菌サプリメントになっています。

米のしずくを特別価格で購入する

乳酸菌サプリは続けることが大事

乳酸菌は、一度摂取しても長期間、腸に留まることはなく、2~3日で排出されます。効果を実感するまでには時間もかかるため、乳酸菌の摂取を辞めてしまうと、すぐに元の腸内環境に戻ってしまうため、毎日継続して最低でも3ヶ月は続けることが大切です。

継続して乳酸菌サプリメントを摂取するためには、飲みやすさや味、価格などから自分の生活スタイルの中で無理なく続けられるものを選びましょう。

  • LINEで送る