30代・40代女性も要注意!中高年の加齢臭事情



「オヤジ臭」などと言われて、すっかり知名度が上がった加齢臭。私には関係ないと誤解していませんか?加齢臭は男性・女性の区別なく加齢によって起こるものです。名前は知っていても、意外と実態は知らない加齢臭。ここでは、加齢臭を知ることでの正しい対処法をお伝えします!

意外と知らない加齢臭の実態

加齢臭の4つのポイント

中高年特有のニオイ
加齢臭の原因は40歳前後から分泌されるようになります。特に女性は閉経後は顕著に表れます。

男女平等に起こる
加齢臭の原因物質は、男性と女性の区別なく分泌されます。加齢臭=オヤジ臭と思って油断してはいけません。

生活習慣が左右する
加齢臭には生活習慣も関わっています。食生活やストレスを管理することで、加齢臭防止につながります。

日本で発見された
化粧品メーカーの資生堂が、中高年特有のニオイに注目して研究を重ねた結果、加齢臭の仕組みを解明し、加齢臭と命名しました。

加齢臭とはどんなニオイ

私たちの皮膚は、潤いを保つために皮脂腺から出る皮脂でおおわれています。皮脂の組成は加齢によって変化することが分かっていますが、中高年以降に特に増える成分があります。それが酸化によって分解されたり、皮膚常在菌に分解されたりすると、ノネナールという物質を作り出すことがわかりました。このノネナールという物質が加齢臭の正体です。ノネナールが出す加齢臭に、さらに汗やその人の他の体臭が混ざり合い、強いニオイを発するようになります。

ノネナールのニオイは青臭くて、油臭いと言われます。自然界では野菜や植物にあり、ニンジンをボイルしたときのニオイなどともいいます。

加齢臭はこうっやって発生する

加齢臭のメカニズム

body-odor-03

加齢臭危険度チェック

以下の項目で、当てはまるものを選んでください。多く当てはまるほど加齢臭への危険度が高まります。

40歳以上である
脂っこい料理が好きだ
毎日のようにお酒を飲む
ストレスを溜めやすい
身だしなみには気を使わない
べたべたした汗をかく
よく眠れない

加齢臭が気になったら、ここをチェック!

人間の鼻には、同じニオイを長く嗅ぐと麻痺するという習慣があります。だから自分のニオイは意外とわからないもの。そこで、以下の加齢臭チェック法を確認してみましょう。

枕・寝具のニオイをチェックする
起きた直後ではなく、しばらくしてから枕やシーツのニオイをチェックしてください・

脱いだ衣服のニオイをチェックする。
1日着ていたシャツなどはニオイが確実に移っています。選択する前にニオイを確認してください。

ここがニオイの発信源

人間の体臭は体のあちこちから出ています。そんなニオイの発信地を意識して、いつも清潔に保てば体臭ケアにつながります。

頭皮
皮脂が多い頭皮は、加齢臭を始めとしたニオイが発生しやすい場所です。

髪の毛
外部のニオイを吸収しやすい髪の毛は、ニオイの温床になりやすいです。

耳の後ろ・首
意外と知られていないが、皮脂の分泌が活発で加齢臭の隠れスポットです。

背中
汗や皮脂を分泌しやすく、体臭や加齢臭が強くなりやすい場所です。

わきの下
汗、わきが、加齢臭など、いろいろなニオイが複合的に発生します。

皮膚(汗
かいた汗を拭きとらずにおくと、雑菌が繁殖して体臭になります。

デリケートゾーン
汗をかいた時や月経時には、下着などで蒸れてにニオイが出やすい。


分泌した汗や皮膚が靴の中で蒸れて、雑菌が繁殖してニオイに変わります。

加齢臭を防ぐには

加齢臭は皮脂が酸化することによって発生しています。老化の大きな要因は活性酸素による酸化です。加齢臭を防ぐには体の酸化を防ぐことが重要になります。そのためには、抗酸化食品を摂ることが加齢臭防止のひとつの手段になります。ビタミンCやポリフェノールを多く含む食品には抗酸化作用があるので、意識して摂取することをこころがけましょう。また、加齢臭は自分の体臭と混ざり合うことで、強いニオイを発生させてしまうので、体臭が発生しやすい場所のニオイケアが加齢臭防止にもつながります。ニオイのポイントを押さえたケアも有効です。

【関連記事】
→【更年期】汗をかくことは、恥ずかしいことじゃない!

→【スメハラ!?】30代から始める女性の加齢臭対策!

スポンサーリンク


%d bloggers like this: