アレルケアのL-92乳酸菌の薬との飲み合わせは?いつ飲むのが効果的?



アトピーや花粉症、インフルエンザなどで話題の「L-92乳酸菌」。そんなL-92乳酸菌を配合したサプリメント「アレルケア」はカルピスから販売されておりとても人気です。一方で、「薬との飲み合わせは大丈夫?」といった心配の声も!そんなアレルケアの薬との飲み合わせや、飲むタイミングなどを解説します!

アレルケアの薬との飲み合わせ

アレルケアは、L-92乳酸菌配合の乳酸菌サプリメントです。サプリメントと聞くと、その効果と副作用、薬との飲み合わせなどが気になりますよね。アレルケアを購入する前にきちんと知っておくようにしましょう。

アレルケアの効果について

アトピーや花粉症、インフルエンザなどに効果があるとされているアレルケアですが、アレルケアを購入するにあたって一番気になるのは本当に効果があるかどうかです。
これは、アレルケアを飲む前に知っておいてほしいことですが、アレルケアの効果そのものは、カルピス社が莫大な費用をかけて研究・実験を繰り返し、しっかりと研究結果として実証されています。しかし、実際にはアレルケアを飲んでも効果を実感できない人がいます。これには、乳酸菌と腸内環境が大きく関係しています

人の腸内には、善玉菌や悪玉菌、日和見菌などの腸内細菌が100兆個から1000兆個も存在しています。外部から摂取した乳酸菌は善玉菌の働きを活発にすることで腸内環境を整えたり、乳酸菌そのものがもつ効果を発揮します。しかし、人の腸内細菌というのは個性があり、乳酸菌とも相性があるため、すべての乳酸菌がすべての人の腸内で同じような働きをするとは限りません。だから、効果を実感できる人とできない人がいるのです。アレルケアなどの乳酸菌サプリメントを3ヶ月以上続けて、効果が実感できないのであれば、乳酸菌との相性がよくないことが考えられます。その場合は、いつもまで飲んでも効果が実感できないので、諦めてほかの乳酸菌サプリメントを試す方がいいです。

アレルケアの副作用について

まずは、アレルケアの副作用について。
アレルケアなどの乳酸菌サプリメントは食品であるため、薬用成分などは含まれておらず、基本的に副作用はありません。まあ、アレルケアはアレルゲンフリーで表示義務のある27品目のアレルゲン物質も含んでいないため、アレルギーを発症する可能性も低いです。

時々、アレルケアを飲んだら下痢になったという声を聴きますが、これは乳酸菌によって腸の働きが活発になることで起こる現象で、副作用ではありません。しばらくすると、腸内環境も安定し、そういった症状は治まります。

【アレルゲンフリーの27品目について】
アレルゲンフリーと表記できるのは、食品表示法で定められた特定原材料等27品目(乳、卵、小麦、そば、落花生、えび、かに、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、カシューナッツ、ごま)のアレルギー物質を含まない製品です。

アレルケアの一緒に飲んでは薬はあるの?

アレルケアは食品であり、基本的に副作用はないため一緒に飲んではいけないものというのはありません。カルピス社に問合せしてみたところ、現在のところ問題があったという報告はないそうです。乳酸菌は、ヨーグルトや納豆、お漬物、お味噌などの発酵食品にも含まれているので、普段それらの食品を摂取しているのではあまり心配はありません。どうしても心配という方は、念のためかかりつけの医師に相談することをオススメします。

サプリメントを飲むときに緑茶はNGという噂について

サプリメントと飲み合わせがよくないといわれているものに「緑茶」があります。アレルケアもサプリメントなので緑茶はNGなのでしょうか?

サプリメントと緑茶の飲み合わせが悪いとされている理由は、緑茶のカテキンがサプリメントの栄養を抑制していまうからだそうです。実際には、それは昔の話で、現在ではミネラルなどの一部の栄養だけ抑制されているそうです。しかし、緑茶には殺菌作用があります。この殺菌作用で乳酸菌が死んでしまうのではという心配があります。これについても大丈夫です。アレルケアのL-92乳酸菌は、L-92乳酸菌の効果を最大限に発揮するために、あえて加熱殺菌して死菌の状態です。もともと死菌の状態なので、腸にただり着くまでに死んでしまうということがありません。むしろ、緑茶に含まれているカテキンの殺菌作用は腸内にいる悪玉菌を減らし、乳酸菌と一緒に腸内環境改善に役立ってくれるの相性がいいと言えます。

乳酸菌と飲み合わせがよくないとされているのは「コーヒー」です。
コーヒーに含まれているタンニンは乳酸菌の働きを弱めると言われています。緑茶のカテキンとコーヒーのタンニンは同じようなものと思われがちですが、タンニンはカテキンが酸化してできたもので全く別物です。アレルケアだけでなく乳酸菌サプリメントを飲むときはコーヒーは避けたほうがいいでしょう。

アレルケアを飲むタイミング

アレルケアは食品なので、いつ飲んでも構いません。あえて言うのであれば、夕食後から就寝前がおすすめです。その理由は、睡眠時間中は腸が一番活発に働いているからです。しかし、乳酸菌サプリメントを摂取するうえで一番重要なのは毎日続けることです。あなた自身が毎日続けやすいタイミングで飲むことが一番効果的です。

アレルケアはどこで購入できる?

アレルケアは、カルピスの通販限定商品のためドラックストアなどで購入することができません。アレルケアを購入できるはアレルケアの公式サイトか、カルピスの楽天ショップになります。楽天ショップでは全て通常価格での販売になるのですが、公式サイトで定期購入にすると初回20%OFF、2回目以降は10%OFFとお得に購入することができます。

ただし、アレルケアの定期購入にはデメリットが。
カルピスの定期購入は3回目の発送がおわるまでは解約できません。カルピスの定期購入の1回に発送はアレルケア60日分です。つまり、60日分×3回の約6か月間は解約ができません。万が一、L-92乳酸菌との相性が悪くて効果が実感できなければ最悪です。

なので、とりあえず効果が実感できるまでは通常購入がオススメです。アレルケアを初めて購入される方は、初回限定で30日分が通常2,100円のところ1,980円で購入することができます。またクロネコDM便でのお届けにすると送料を無料にすることができます。

→ アレルケアの公式サイトはこちら

通常購入は公式サイトと楽天どっちがお得?

通常購入の場合、公式サイトと楽天ショップのどちらでも通常価格になります。そのため一見するとポイントが貯まる楽天の方がお得に感じるかもしれませんが、実は送料の面で公式サイトの方がお得になります。公式サイトの場合は、送料315円がかかるのですが、クロネコDM便でのお届けにすると送料を無料にすることができます。楽天の場合、送料は540円かかります。そのため、通常購入であっても公式サイトの方がお得に購入できるということです。

→ アレルケアの公式サイトはこちら

アレルケアが効かない時はどうすればいい?

アレルケアをしばらく飲んでも効果が実感できなかったときはどうすればいいのでしょう?L-92乳酸菌と同じような効果がある乳酸菌があるのかも気になりますね。

実は、L-92乳酸菌と同じような効果を持つ乳酸菌はあります。むしろ、その乳酸菌の方がL-92乳酸菌よりも日本人の腸と相性がいいかもしれません。
その乳酸菌というのは、菊正宗酒造が発見した「LK-117乳酸菌」です。このLK-117乳酸菌は、米由来の乳酸菌で日本人の腸と相性がいいとされています。

また、その効果も実証済みで、その効果が認められ国の行政機関でもある近畿経済産業局が協力のもと乳酸菌サプリメントとして『米のしずく』が商品化されました。そのため、信頼性や安全性はとても高いものになっています。

LK-117乳酸菌配合「米のしずく」

米のしずくには、ドリンクタイプとタブレットタイプタイプがあり、お好みで選ぶこともできます。また、ドリンクタイプなら10日間、タブレットタイプなら15日間のお試しセット1500円があるので、気軽に試すこともできます。米のしずくは菊正宗の公式通販のみの販売になるので、気になる方はぜひ一度、公式サイトをチェックしてみてください。

→ 菊正宗の「米のしずく」の公式サイトはこちら

スポンサーリンク