赤ちゃん、幼児期のアトピー症状

[公開日]

[最終更新日]2019-01-17

  • LINEで送る

アトピー性皮膚炎の主な特徴

アトピー性皮膚炎は、かゆみがあって長引くのが特徴。
赤ちゃん時代はジクジク、幼児になると、カサカサした感じの皮膚になります

アトピー性皮膚炎とひと口に言っても、赤いブツブツ、盛り上がっているもの、ジクジクしているものなど、皮膚の症状の出方やできている部分は人によって違います。

また、赤ちゃん時代は皮膚の状態が毎日違うので、ブツブツができていると思っていたら、翌日なくなっていたとか、反対にちょっと赤いだけと思っていたらジクジクしてくることもよくあります。[/vc_column_text]

赤ちゃんの皮膚の状態を見ただけでその場ですぐ「これは乳児湿疹、これはアトピー性皮膚炎」と診断することは難しいものですが、それまでの皮膚の変化がわかっていると診断の手がかりになります。

アトピー性皮膚炎かどうかが気になったときは、いつごろから、どこが、どんな状態になって、その状態が続いているのか、かゆみがあるのかなどメモをしておくといいでしょう。

アトピー性皮膚炎は、年齢によっても特徴が変わります

アトピー性皮膚炎の子どもが全てが、以下のような特徴を持っているわけではなく、アトピー性皮膚炎でなくても同じような特徴を持っていることもあります。

赤ちゃん時代

アトピー性皮膚炎の始まりは、生後2〜3ヶ月ごろ、両ほほや口の周りに、赤い盛り上がったブツブツができることが多いようです。そのうち、ブツブツがお互いにくっついて大きくなり、なかにはジクジクした感じで盛り上がってくることがあります。顔や頭だけではなく、体や手足のあちこちにだんだんブツブツが広がっていきます。

出やすい時期低月歳のころ

アトピー性皮膚炎になるのは、生後2〜3ヶ月以降のことが多いものです。
新生児のときにできる皮膚トラブルは新生児にきびなど別のトラブルであることがほとんどです。(新生児にきびを持つ赤ちゃんがその後アトピー性皮膚炎も起こすとこはあります)

低月齢のうちは顔や頭だけででも、成長に従って背中やおなか、手足など体全体に広がっていく傾向があります。

出やすい部位頭や顔、ひじの内側や膝の裏、足首

ほっぺたや口の周りに目立つことが多いですが、この部位にはよだれによるかぶれなど、他のトラブルも起こりやすいものです。顔全体にできて顔が赤っぽく見えたり、顔から頭にかけてできることもあります。耳の下が切れることもあります。

ひじの内側やひざの裏、足首や足の甲にもできます。おなかや背中にもできることがあります。

症状①ブツブツができているところには、ひっかいたあとがある

アトピー性皮膚炎の場合はヒスタリンなどの化学伝達物質がたくさん出るので「かゆい」のが特徴です。

赤ちゃんや子どもはかゆいのを我慢することはなく、かゆくなったら(手の届く場所なら)必ずひっかきます。ブツブツを見ると、手でひっかいたあとやシーツで擦ったあとがありときは、アトピー性皮膚炎のことが多いです。

症状②赤いジクジクした感じの湿疹

赤いブツブツ、赤く盛り上がった感じのブツブツ、ジクジクと湿った感じのするブツブツと様々です。滲出液がしみ出しているブツブツや、化膿して黄色い膿がでているブツブツもあります。

症状③左右対称にブツブツがある

両側のほっぺた、両方のひじの内側やひざの裏など、左右対称にブツブツがあるときは、アトピー性皮膚炎のことが多いようです。片側のほっぺただけあると言うときは、向き癖でそちらだけずっとシーツに触れているということもあります。

症状④ブツブツが2ヶ月以上続く

ブツブツは良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、2ヶ月以上続き慢性化します。
低月齢の赤ちゃんは顔や頭に赤いブツブツが出来ることが多いのですが、外見だけではアトピー性皮膚炎なのかどうかは、なかなかわかりません。

スキンケアをして塗り薬をつけながら、ブツブツの経過を見ていくことが大切です。赤ちゃん時代に赤いブツブツがひどくても、1歳を過ぎると治ってくる子も結構います。

幼児期〜小児期

1歳を過ぎると、アトピー性皮膚炎の子どもの皮膚はだんだん乾燥肌っぽくなってきます。湿疹ができて調子の悪い時期、比較的皮膚が綺麗な時期と、症状の出方には波があります。

アトピー性皮膚炎だとかゆみが強いので、皮膚を切っかく子どもがほとんどです。なかには皮膚をひっかくのが癖になって、手持ちぶさたのとき、イライラしているときなどにしょっちゅうポリポリかいている子どももいます。

出やすい部位ひじの内側やひざの裏、目の周りや首

皮膚全体がカサカサした感じがします。ひじの内側やひざの裏などの関節部分、足首に赤いブツブツなどができます。目の周りや首にひどく出ることもあります。耳切れも特徴的です。

症状①全体的にガサガサした乾燥肌になり、湿疹は盛り上がったり、皮膚が分厚くなる

カサカサと白い粉をふいたような皮膚の子が多いでしょう。湿疹のあることろは、赤くなったり、赤く盛り上がったり、皮膚がウロコのように硬くガサガサしたりします。かきむしって、血がにじんでいることもあります。

症状②ブツブツが6ヶ月以上続く

湿疹はよくなったり、悪くなったりを繰り返しながら、6ヶ月以上続き慢性化します。
空気が乾燥する冬になると、症状がひどくなる子、汗やプールの消毒が刺激となって夏に悪化する子と、その子のタイプによって症状には季節ごとの変化があります。

症状③肌が弱い

アトピー性皮膚炎の子は皮膚バリアが弱いので、かぶれなどを起こしやすいものです。スニーカーを素足で履くとかぶれたり、毛足の長いセーターやマフラーで赤くなったりします。
また、幼稚園や保育所でとびひや水いぼが流行するとかかりやすく、その後治るのに時間がかかります。→ 赤ちゃんのアトピー症状とステロイド、副作用の心配は?

lactic-acid-bacterium-type03

アトピー性皮膚炎やアレルギーに負けないカラダづくり

体の免疫力をしっかりつけることで、アトピー性皮膚炎やアレルギーといった症状から子どもを守ることができます。

子育てをしていく中で、子どもの体のことは心配ですよね。急な湿疹やかゆみといった症状は、アトピー性皮膚炎やアレルギーなのではと、とても心配になります。症状がでたからといって、薬をつかって治療するのにも抵抗があります。子どものうちは大人と違い、免疫機能も整っていないなので、治療法の選び方にもなにかと悩まなければいけません。

おすすめなのがカラダの免疫力をつくる乳酸菌の摂取です。

免疫力をつくるということは、外部から侵入してくるウイルスや細菌、または体内で発生する病気からカラダを守る仕組みをつくるということです。人間の体の免疫の6割が腸で作られています。そして、乳酸菌は腸の中にいる善玉菌をサポートするはたらきがあります。善玉菌がしっかりと腸でや働くことで免疫機能がつくられ、アトピー性皮膚炎や外からのウイルスや病気から守ってくれるのです。

乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトや牛乳といった乳製品を連想されるかと思いますが、子どもにとってはアレルギーなどの心配もあります。

そこで、取り入れていただきたいのが乳酸菌サプリメントです。

乳酸菌サプリメント選びの注意点

乳酸菌サプリメントを取り入れる際に注意しなければいけないことがあります。それは、サプリメントに含まれている原材料です。乳酸菌サプリメントの中にも、アレルギー物質が含まれているものもあるので、原材料や成分表示などは注意して見ることが大切です。

肌キュアがおすすめする、安心・安全の乳酸菌サプリ

菊正宗が発見した、米由来の乳酸菌サプリメントの「米のしずく」です。
原材料は米だけで、アレルギー原材料も含まれていないアレルギーフリー商品なので安心して飲むことができます。

米のしずくが安心な理由
・国の行政機関である近畿経済産業局の研究によって製品化された商品。
・製造管理と品質管理において厳しい規格である「健康食品GMP」適合認定を取得し、徹底的な品質管理。
・表示義務のあるアレルギー特定原材料を含まないアレルゲンフリー商品なので、お子様や妊娠中の方も安心。
・定期コースは1回から解約可能。継続して続けなければいけない心配がありません。

20

米のしずくにはタブレットタイプとドリンクタイプがあります。ドリンクタイプは、乳酸菌以外の米由来の有用成分であるポリフェノールやアミノ酸が多く含まれています。また、赤ちゃんにはタブレットタイプもおすすめです。歯が生えていなかったり、固形物は心配というお子様には、タブレットは砕いて飲ませてあげましょう。また、タブレットタイプは、量の調整もしやすいの、1粒から様子を見ながら飲ませてあげることもできます。米のしずくは、原材料は米と乳酸菌のみのアレルゲンフリー商品なので、離乳食が始まった赤ちゃんからでも飲無ことができます。口コミでの票卯版も良く、お得なトライアルセットもあるので一度試してみる価値ありです。

米のしずくがアトピー症状にどのように働くのかを詳しく書いた記事『子どものアトピー症状に赤ちゃんも飲める乳酸菌サプリ「米のしずく」』も読んでみてください。

「米のしずく」公式サイトはこちら → 「米のしずく」公式サイト

合わせて読みたい記事


lactic-acid-bacterium-type01

【家族で健康】乳酸菌の種類と驚きの効果!
「乳酸菌=ヨーグルト」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 乳酸菌は、腸の働きをサポートする特徴があります。実はそこに驚きの健康効果が…

diaper-rash-01

【アトピー】赤ちゃんのオムツかぶれとよだれかぶれ【対策】
よだれかぶれ、オムツかぶれを一度も経験したことがない赤ちゃんはいないと思います。ましてやアトピー性皮膚炎の素因がある子供はなおさらです。オムツかぶれは…

  • LINEで送る
%d bloggers like this: