ヒートテックがかゆい人必見!対策方法や敏感肌の肌着の選び方!

[公開日]

[最終更新日]2018-08-28

  • LINEで送る

冬の肌着の定番とも言える「ヒートテック」は、ユニクロだけでなく、類似のものだとGUやイオン、しまむらなどでも販売されています。そんな、ヒートテックを着てかゆいと感じたことはありませんか?もしかしたら、そのかゆみの原因は冬の乾燥肌ではなく、素材が原因しているかも!?

ユニクロのヒートテックがかゆい原因

ヒートテックといえばユニクロ。実際に、多くの方が1着は持っているのではないでしょうか。最近では、ちょっと厚めの「極暖」や、さらに厚くなった「超極暖」というヒートテックも販売されています。ヒートテックが初めて販売されたのが2003年なので、15年以上も販売され続けている人気商品です。しかし、その人気の陰で、「ヒートテックを着るとかゆい」という声も・・・

こういった声を聞くと、敏感肌の方や、アレルギー体質の方、子どもなど、ヒートテックを着ても大丈夫なのか心配になります。かゆみの原因について解説します。

気になるヒートテックの素材

ユニクロのヒートテックが暖かい秘密は、「吸湿発熱繊維」という素材です。
人は体温調整をするために汗をかき、その汗が肌から蒸発するときに体からの熱を奪い体を冷まします。これは「気化熱」と呼ばれます。そして、吸湿発熱繊維は、気化熱と逆の反応を起こします。

体から出た汗(水分)が、水蒸気として吸湿発熱繊維につくと「凝固熱」という熱が発生します。この凝固熱によって暖かさを感じる仕組みです。実際に、このような機能を持つ素材はユニクロだけでのものではなく、現在のヒートテックに類似した商品のほとんどに使われています。

冬は汗をかかないのにヒートテックの効果はあるの?

人の体は、汗をかかなくても毎日約800mlの水分を水蒸気として発散しています。そのため、肌で感じるような汗をかかなくても、ヒートテックの暖かさを感じることができます。

しかし、これがヒートテックがかゆい原因になることがあります。
敏感肌やアトピー肌というのは、ただでさえ健康な肌に比べて肌の水分が不足し乾燥した状態です。そこに、吸湿発熱繊維によって水分が吸収されてしまうと、ますます乾燥が悪化します。また、健康な肌であっても、肌が乾燥しやすい冬はヒートテックによって乾燥肌になってしまうことがあります。

敏感肌と化学繊維

ヒートテックの細かい素材を見てみると、吸湿発熱にはレーヨン、保湿性にはアクリル、速乾性にはポリエステルというように、化学繊維が素材として使われています。化学繊維は、肌との摩擦が起きやすいため、敏感肌には不向きの素材です。化学繊維が敏感肌に不向きということはヒートテックが発売される前からいわれていることです。

肌への摩擦は、肌に刺激を与えていることになります。乾燥して弱っている肌に刺激が加わることで、かゆみが引き起こされるのです。特にヒートテックと摩擦が起こりやすい部位は、背中、脇、腕、わき腹などです。最近では、ヒートテックのタイツなども販売されていますが、タイツの場合は、スネや内ももなどが摩擦が起こりやすくかゆみを感じやすい部位です。

子どもにヒートテックを着せても大丈夫?

ヒートテックにつかわれているレーヨンは、肌触りをよくする素材としても使われてることが多いです。しかし、吸水性が強く大量に汗をかく場合には、肌着としては不向きになります。その理由は、吸水性がいいということは生地が乾きにくいということです。

レーヨンが多く含まれているヒートテックを着て、大量に汗をかいてしまとヒートテックが濡れたままになり逆に体温を奪ってしまい体が冷えてしまう恐れがあります。なので、大人より代謝がよく汗をかきやすい子供にはヒートテックはおすすめできません。また、大人の場合でも、運動などをしたり汗をかくようなときは、ヒートテックは避けた方がいいでしょう。

敏感肌や子どもでも着れる肌着の選び方は?

敏感肌や子どもでも着れる肌着の選び方



ヒートテックがかゆいときの対策方法として、一番手っ取り早いのヒートテックを着ないという選択です。実際に、冬の時期の皮膚科ではヒートテックの着用を控えるようにという指示もあるそうです。

肌着はやっぱり綿100%!

やっぱり直接肌に触れる下着は、綿100%、または、シルク100%のものがおすすめです。特に子どもの場合は、汗を吸ってくれる綿100%がいいでしょう。綿は吸水性も高いですが通気性がよい素材なので蒸れずに体を包んでくれます。夏は涼しく冬は保温性といった効果を発揮してくれます。

既にヒートテックを買ってしまったという方には、直接肌に触れる肌着は綿100%のもので、その上にヒートテックを重ね着するのもいいみたいです。綿100%の肌着が吸った水分を利用して効果を発揮してくれます。

一番の対策方法は敏感肌の改善!

敏感肌やアトピー肌、冬の乾燥肌に悩んでいる人は、もちろん肌への刺激を避けることも大切ですが、敏感肌の状態を改善することも重要です。そのためには、化粧品によるスキンケアも重要ですが、体の内側からのケアが最も重要になります!

元気な肌細胞を作るための栄養を吸収して、その栄養を体のすみずみまで届ける役割をしているのが腸です。腸内環境が健康だと、代謝があがり血液が循環することで栄養が届き、体の細胞が活性化されます。その栄養を吸収しているのも腸。つまり、健康な肌を作るためには腸内環境が重要ということ。

腸内環境を整えるためには、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌が有効であることは有名なはなしですが、数ある乳酸菌の中でも、日本人の腸と最も相性がいいといるのが、日本人の主食であるお米由来の乳酸菌です。お米由来の乳酸菌は、お酒の化粧水でも人気の菊正宗の研究によって発見されました。

LK-117乳酸菌配合の「米のしずく」
菊正宗が発見した乳酸菌LK-117がすごいのは、腸内環境を整えるだけでなく、免疫細胞に直接働きかけてアレルギー体質を改善する効果があること。さらに、乳酸菌LK-117を使った乳酸菌サプリメントには、肌細胞を活性化するD-アミノ酸も含まれています。

そのため、肌細胞が弱っている敏感肌や、アレルギー体質であるアトピー肌、まだまだ細胞が未熟な子どもには特におすすめです。

主な原材料はお米と乳酸菌だけなので、アレルギーの心配もいりませんし、もちろんアルコールも一切含まれていません。

→ お米由来の乳酸菌について詳しく見る
→ 菊正宗の公式サイトはこちら

敏感肌に重要なのは内側からのケア

敏感肌に重要なのは、肌着やスキンケアによる肌への刺激を減らすことも重要ですが、その刺激に負けない肌をつくることが重要です。そのためには、食生活や生活リズムの見直しをして、健康な体をを作ること!体の外側だけを意識するのではなく、体の内側にも意識を向けてみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で肌キュアをフォローしよう!

スポンサーリンク


  • LINEで送る
%d bloggers like this: