【調味料】糖分や塩分が肌にもたらす影響とは?

[公開日]

[最終更新日]2016-07-30

  • LINEで送る

糖分や塩分やタンパク質やミネラルが肌にどういった影響をもたらすか知っていますか?美容のために、毎日の食事で効率的にバランスよく栄養を摂ることは大切です。食事を作る際に、それをしっているだけで、調味料の使い方も変わってきます。肌の治癒力をさげない、食事をしましょう。

seasoning-02

特に砂糖の摂り過ぎは美容によくありません。糖尿病の人は皮膚が弱い傾向にあります。特別甘いものが好きでなくても、砂糖の摂取量は意外に多いものです。加工食品や菓子類、清涼飲料水などに使われる量が多いため、知らず知らずのうちに体内に取り入れてしまうことが多くなるためです。

砂糖の中でも、精製された白砂糖にはいろいろな害が指摘されています。白砂糖はビタミンB1やカルシウムを奪い取ります。骨や歯を弱くし、神経を興奮させ、イライラした精神状態を引き起こします。これは、リラックスした精神状態が素肌美への条件であることにマイナスで、トラブル解消を妨げることになりす。カルシウム不足は細胞の働きを弱め、皮膚の生まれ変わりを遅くし、ビタミンB1不足は集中力低下をもたらします。

また、便秘にもなりやすく、内臓の循環が滞れば体内に毒素が残り、肌へも影響が出ます。その上、自然治癒力を持つために必要な忍耐と根気まで失わせてしまいます。

砂糖の消費量は文明のバロメーターともいわれ、増え続けています。料理によっては砂糖を使わないわけにはいかないものもあります。せめて白砂糖は避けて黒砂糖や三温糖など精製度の低いものを使うように心がけましょう。

seasoning-03

食塩が肌にもたらす影響

食塩も人間にとって大切です。大人で1日に10~15g摂らなければ生きていけません。体液と酸とアルカリのバランスを保ち、筋肉や神経の働きを良くする、生きるために不可欠なものです。

しかし、この塩分も摂り過ぎると心臓、腎臓負担をかけ、高血圧の原因になります。血液中のナトリウム濃度は一定に保たれているのですが、食塩を摂り過ぎると高くなり、これを薄めるために水が増えます。つまり、血液の量が増えるわけです。これを調整するために心臓と腎臓がフル回転します。過剰な負担で疲れた心臓と腎臓では血のめぐりもよくありません。組織へ酸素や栄養を運ぶ力も弱くなり、新陳代謝もスムーズにいかなくなります。

塩分の摂り過ぎも美容の敵ですが、適度に摂ることは必要です。ミネラルを含んだ天然塩を適量摂るよに心がけましょう。

注意ポイント

化学調味料の主成分であるグルタミン酸ソーダもナトリウム塩です。血中のナトリウム濃度を上げ、食塩と同じ結果を起こします。化学調味料の使用も控えめにしましょう。

seasoning-04

タンパク質が肌にもたらす影響

卵・牛乳は手軽に摂れるとても良いタンパク源です。でも、食べ過ぎには注意が必要です。これらでアレルギーを起こす子供が増えています。特に最近増えている鶏卵アレルギーでは、アトピー性皮膚炎、じんましん、喘息などの症状がみられます。卵には十数種類のタンパク質が含まれていますが、この中の2~3種類がアレルギーを起こすアレルゲンとして認められています。このアレルゲンは黄身にほとんどなく、白身に含まれています。これが体の各機関や細胞に運ばれ、ストレスで自律神経が乱れた時や、体調を崩した時に神経や血管から漏れて皮膚病を起こし、普段でも弱い肌質を作ってしまいす。

厄介なのは、このタンパク質は熱に安定なため、加熱してもアレルゲン活性を失わないことです。加熱調理をしてもアレルギーを起こすので要注意です。

敏感肌の人、アレルギー、皮膚病を起こしやすい肌の人に、卵や牛乳好きな人が多いようです。誰でもが牛乳・卵アレルギーを起こすわけではありませんが、例えば軟膏肌の人や肌の弱い人は、少しでも肌に負担をかけると思われるものを体内から除く意味で、卵と牛乳をやめることをおすすめします。mた、牛乳の摂り過ぎもアレルギー性皮膚炎や弱い肌の原因とされています。牛に与える飼料に含まれている抗生物質やその他の添加物が牛乳の中にも入ります。毎日多量にその牛乳を飲めば、かゆい皮膚病やアレルギー性皮膚炎を起こしやすくなります。

seasoning-05

ミネラル分が肌にもたらす影響

ミネラル分が肌にもたらす影響

カルシウムは骨や歯に必要なだけでなく、精神の安定にも必要です。ミネラル分は、普通に食事をしていれば足りるといわれます。しかし、加工食品にを多く含まれるリン酸塩や糖分が、体内のカルシウムやミネラルを奪っていきます。女性の場合、鉄分は月経血で失われるため、カルシウムや鉄分は不足することがおおくなります。

鉄分は赤血球を作るのに欠かせません。不足すると、貧血になり、血液が酸素を運ぶ能力が低下し、組織の酸素不足が起こります。特に女性は鉄分の欠乏による貧血の人が多く、約半数の女性が鉄分不足だともいわれています。酸素不足は肌の大敵、ひどくなると顔色も悪くなり青白い不健康な肌になるなど、いろいろな障害が生じます。皮膚組織にとって貧血は大敵なのです。鉄分は出来るだけ自発的に摂るように努めることが大事です。レバー、チーズ、緑黄色野菜は1日1品は摂りたいものです。

今、チーズの健康効果が話題になっています。
→チーズのもたらす美肌効果がすごい

体の中から素肌美人へ

刺激物を控え、良質のたんぱく質を十分に摂ることは、素肌にとっても健康にとっても大切なことです。ビタミンや鉄分を摂ることも生き生きとした素肌作りに欠かせません。これらが十分に摂取され、血液を通して真皮の毛細血管から素肌に送り込まれてこそ、活発な美しい肌作りができるのです。バランスの摂れた食事で、肌本来の力を持った素肌美人を目指しましょう。

  • LINEで送る
%d bloggers like this: