ホールフードの意味?レシピは?サプリより効果的なベジブロスとは?



今話題の「ホールフード」の意味を知っていますか?ホールフードに代表される「ベジブロス」はサプリメントでも摂取できない栄養がたっぷり!!そんなホールフードのレシピや秘密を大公開!

ホールフード(WholeFood)の意味

ホールフードは、英語で「WholeFood」と書き、
直訳すると「食べ物全体」という意味です。

ホールフードには、
野菜を丸ごと残さずに頂こうという意味が込められています。

野菜やを丸ごと残さずにとは、どういうことなのでしょうか?

実は、普段捨ててしまっている皮やヘタ、種などの「野菜のくず」には、野菜の栄養が凝縮されています
その栄養が凝縮された野菜のくずまで丸ごと全部食べることで、多くの健康効果が期待できるのです。

どうして「野菜のくず」に栄養が凝縮されているの?

野菜のくずに栄養が凝縮されているのには理由があります。

・野菜の皮は、土の中の害虫や細菌、外からの紫外線などから身を守るため。
・種やヘタは、これからしっかりと成長するため。

野菜のくずとされる部分にこそ野菜の底力があるのです。

そんなホールフードを代表するものに「ベジブロス」というものがあります
ベジブロスは、NHKのあさイチでも紹介されるほどの注目度です。
そんなベジブロスについて詳しく解説していきます。

ホールフードの代表「ベジブロス」

ベジブロスとは、普段捨ててしまっている野菜のくずから取るだし(スープ)のことです。

ベジブロスの作り方は簡単で、
両手いっぱいの野菜のくずと酒と水を弱火で煮出すだけで作れます。

このベジブロスには「ファイトケミカル」という栄養がたっぷり!

ファイトケミカルとは、もともと野菜の細胞内にあるのですが、
加熱することとによって細胞外へ溶け出す性質があるため、
生野菜を使ったスムージーよりもベジブロスにすることで、効率よく栄養を抽出できます

また、だし(スープ)にすることで、体が栄養を吸収しやすくなります。

サプリメントなんか比じゃない?ベジブロスの効果とは?

実際にベジブロスにはどのような健康効果があるのでしょうか?
ベジブロスにすることで野菜から抽出されるファイトケミカルは、「第7の栄養素」と呼ばれるほど注目されています
このファイトケミカルの効果を紹介していきます。

抗酸化作用

人の体を老化させる最大の原因は「活性酸素」です。
人の体は、呼吸するだけでも体内に活性酸素が発生します。また、紫外線やストレス、便秘、睡眠不足などに、私たちの生活には活性酸素を作り出す環境がたくさんあります。
そして、活性酸素は人の体に様々な悪影響をもたらします。

ベジブロスのファイトケミカルは、活性酸素の働きを抑えたり除去してくれる強力な抗酸化力や体の毒素を排出してくれるデトックス効果が期待できます。

そのため、ガン予防にも効果が期待できると言われています。

血栓予防や動脈硬化予防

食生活の洋食化が進み、ドロドロ血液で悩んでいる人が増えています。
血液がドロドロの状態だと、血栓ができやすく、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高くなります。
また、血管も傷つきやすく動脈硬化のリスクも高くなります。

ベジブロスのファイトケミカルには、血液をサラサラにする効果が期待できるため、血栓予防や動脈硬化予防につながるのです。

免疫力の向上

人の体は免疫力によって守られています
免疫力が低下すると、体内にある病原菌やウイルスからの攻撃を受けたり、アレルギー症状などが出やすくなります。
ベジブロスのファイトケミカルには、免疫細胞の働きを高める作用があり、免疫力の向上が期待できます。

ホールフード「ベジブロス」のレシピ

ベジブロスの材料(1リットル分)

野菜のくず・・・両手いっぱい分
水・・・1300ml
料理酒・・・小さじ1

ベジブロスの作り方の手順

①大きめの鍋に水(1300ml)を入れて、よく洗った野菜のくずを入れる。(※野菜のくずは切る必要はありません)
②火をつける前に料理酒を加える。料理酒を入れることで、野菜の臭みが消えて、うまみが引き出されます。
③弱火で20~30分煮ます。強火だと野菜が煮崩れれてしまうので注意。また、アクはファイトケミカルが抽出されている証拠なので取らないようにしましょう。
④火を止めて、サルでこすと、野菜のうまみとファイトケミカルが凝縮された黄金色のだしの完成です。

「ベジブロス」のレシピの疑問

「初めて聞いたベジブロス」「初めて作るベジブロス」そんなベジブロスのレシピに関する疑問にお答えしていきます。

野菜のくずって?

どの家庭でも出る「野菜のくず」がベジブロスの主な材料になります。

ベジブロスは、野菜の種類は選びません。
目安としては、最低5種類以上の野菜を使うようにしましょう。

ベジブロスは複数の野菜を入れるほど、それぞれの野菜のうまみの相乗効果が生まれ、よりおいしく仕上がります。

ベジブロスにおすすめの野菜は?

・玉ねぎの皮は、味や色ともによくなります。
・セロリやパセリは、香りがよくなります。

それ以外には、栄養価の高い旬の野菜がおすすめです。

ベジブロスで注意したい野菜は?

キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜は、独自の風味が出るので入れ過ぎないように注意しましょう。

野菜が足りないときは?

野菜が足りないない場合は、煮干しや干し椎茸、昆布、干しエビなど、和風だしに使える材料や香りの出る材料を1種類加えるのもおすすめです。

また、白菜の芯やリンゴの芯、カボチャの種とワタ、にんにくの皮、ショウガの皮、パプリカのヘタと種など、「こんなものも使えるの?」というようなものでも立派な「野菜のくず」です。ベジブロスのうまみになるので、いろいろと試してみるのもベジブロスの醍醐味です。

野菜くずを保管する方法は?

野菜のくずは、汚れや泥をよく落として、ジッパー付きビニール袋に入れて、空気を抜いて冷蔵庫で保存します。野菜のくずが腐らないように、キッチンペーパーなどで水分をよく拭き取っておくのがポイントです。

ベジブロスで広がるアレンジレシピ

・ベジブロスを使った味噌汁
・ベジブロスを使った炊き込みご飯
・ベジブロスを使った煮物
・インスタントラーメンのお湯の代わりにベジブロス

ベジブロスは、料理のおいしさを引き立てる「だし」として活用できます
魚や肉から煮出すだしとは違い、野菜ならではの甘味や風味が染み出したまろやかな味わいです。
和食・洋食に限らずどんな料理にも使えて、味に深みもでます。

敏感肌に大切な体の内側からのケアをベジブロスで!

アトピーやアレルギーなどの敏感肌は、スキンケアだけでなく、食事などでしっかりと栄養を摂る体の内側からのケアも大切です。健康な肌をつくる土台はスキンケアでは作ることはできません。
そのため、食事などで栄養をしっかり取ることが大切なのです。
そんな、敏感肌には野菜の栄養を効率よく摂取できる「ベジブロス」はおすすめです。
今回紹介したベジブロスの作り方を参考に、ホールフードをうまく取り入れていきましょう!

スポンサーリンク