保温しても体がかゆいのですが

[公開日]

[最終更新日]2015-09-11

  • LINEで送る

Q : 冬になると腕や脚がカサカサになるので、入浴後にボディローションを必ず塗っています。でも、寝ている聞に体のかゆみで目が覚めてしまうことも。ほかに、どんなことに気をつけたらよいでしょう?

084162
faq_answer01

ANSWER.

衣服の繊維が刺激になっているかもしれません

保湿を心がけているのに、体のかゆみが治まらないというときには、衣類にも気をつける必要があります。知らす知らすのうちに、衣類が肌への刺激となって、かゆみや荒れのもとになっている可能性があります。

特に肌着は、常に肌に触れるものなので、気になる人はできる限り綿100%のものを選ぶようにしましょう。化繊の肌着は、ファッション性にすぐれ、肌触りもツルッとして一見よさそうなものも多いのですが、汗を吸いにくく蒸れて肌トラブルのもとになったり、乾燥が進む冬場には、うるおいの少なくなった肌への刺激になったりすることがあります。

ボディスーツやブラジャーなどによくある金具や飾りも、肌に当たってかゆくなることがあります。着心地のよいものを選びましょう。同様に、寝具にも気をつけましょう。首やあご、顔などは、寝ている間ずっと寝具が触れていることが多いので、気づかないうちに肌荒れを起こしてしまうことがあります。肌触りのよいものを、常に清潔な状態で使いましょう。

そのほか、意外と盲点なのが、体を洗うナイロンタオル。ナイロンタオルでのゴシゴシ洗いは、肌にもっともよくありません。

  • LINEで送る
%d bloggers like this: