秋に鼻水が止まらないのは花粉症が原因?春に向けて早めの予防を!



秋に花粉症!?と思われる方も多いかもしれませんが、以外にも秋の花粉症に悩まされている方は多いです。今年は花粉の飛散量が例年の2倍とも言われているので、秋から春にかけて花粉症を発症する人も増える予感!秋の花粉症対策、春に向けての花粉症予防を始めましょう!

秋に鼻水が止まらない原因は花粉症

秋は気温の寒暖差が激しいため、急に鼻水の症状が出ると風邪でもひいたのかなと思われる方が多いです。咳や熱もないのに、なかなか止まらない鼻水。その原因は「秋の花粉症」です。

実は今、秋の花粉症が大流行しています。

春より多い!?秋の花粉症

秋の花粉症の原因となる植物には、「イネ」「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」があります。それぞれの花粉の飛散時期や花粉症の症状の特徴は、以下の通りです。

秋の花粉症「イネ」:5月~6月と8月~9月とピークが2回

イネ科の植物は、背が低く、川沿いや堤防、水田などでみかけます。イネ科の植物は背が低いため、花粉の飛散範囲は短いのが特徴です。

秋の花粉症の原因「ブタクサ」:8月~10月

日本では、スギやヒノキのつぎにブタクサによる花粉症患者が多いと言われています。また、ブタクサの花粉の大きさは、スギの花粉の半分程度と粒子がとても小さいため、気管に入りやすくぜん息のような症状を起こすこともあります。

秋の花粉症の原因「ヨモギ」:8月中旬~10月

ヨモギは、草餅にも使われるため親しみのある植物です。ヨモギはとても繁殖力が強いので、日本全国でみられます。

秋の花粉症「カナムグラ」:8月下旬~10月

カナムグラは、繁殖力の強い雑草です。茎にたくさんのトゲがあるのが特徴で、他の植物に絡みながら成長していきます。

秋の花粉症と春の花粉症の違い

春の花粉症に代表される「スギ」や「ヒノキ」などは、背が高く、高いところから花粉が飛散するため、飛散範囲は数百㎞にもなり、花粉は上から降ってくるようなイメージになります。
秋の花粉症に代表される植物のほとんは背は低いため、飛散距離も短くなります。
しかし、秋の花粉症の原因となる植物は、河原や公園、空き地や市街地など、身近な場所に多く生息しているため、秋の花粉症を自覚していないまま植物に近づいてしまい、花粉を吸いこんで症状を悪化させていることもあります。

外出を控えたり、植物に近づかないようにすることで、症状が抑えられることがあります。

だからといって、外出しないというのは難しいので、マスクなどで花粉を吸いこまないように対策することが必要です。
また、最近では、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌が花粉症に効くといわれていて、薬に頼らない花粉症対策・花粉症予防として注目されています。

冬の花粉症は大丈夫?

冬にも花粉症はあります。
地域によってことなりますが、12月~2月にかけてイネやブタクサ、スギなどの花粉が飛散しています。しかし、樹木や植物も眠る冬は、一年の中でも比較的花粉の飛散量が少ないので、マスクだけでも十分に花粉症対策はできます。

そして、2月になると温かい地域から順に、春のスギ花粉が大量に飛散し始めます。
春の花粉の飛散時期や飛散量は、前年の夏の気候に左右されるため毎年同じ状況になるとは限りません。
しかし年々、花粉の飛散量や花粉症を発症する患者が増えているため、花粉の飛散量が少ない冬のうちに、花粉症予防をしておく必要です。

乳酸菌で花粉症予防ができるって本当?

乳酸菌が花粉症に効くということを、多くの方がご存知なのではないでしょうか。
妊娠中や授乳中の方、子供、薬を飲むことに抵抗がある方にとって、ヨーグルトやサプリメントから摂取できる乳酸菌で花粉症予防ができるというのは、とても嬉しいことです。
でも、本当に乳酸菌で花粉症予防ができるでしょうか?そんな乳酸菌と花粉症について解説します。

乳酸菌が花粉症に効く理由

乳酸菌と花粉症についていろいろと調べていると、乳酸菌が花粉症に効くと言われている理由が、大きく分けて2つありました。

・乳酸菌による免疫力の向上
・乳酸菌による免疫バランスの正常化

どちらも、免疫が関係していて花粉症に効くように思えます。この2つの理由が本当に正しいのか詳しく見ていきましょう。

乳酸菌による免疫力の向上

乳酸菌には、腸内環境を整える効果があるのは有名です。これは、乳酸菌が腸内に棲む善玉菌の働きを助けるからです。そして、ヒトの腸内には、カラダ全体の約6割以上もの免疫細胞が集まっています。そのため、腸内環境を改善することによって免疫力が向上し、花粉症を改善してくれるという理由です。

乳酸菌による免疫バランスの正常化

花粉症というのは、アレルギー反応の一種です。
アレルギーというのは、本来ならばカラダに害のない物質(花粉、食べ物、ほこりなど)に対して、「これは有害な物質だ!」と免疫細胞が過剰反応を起こし、攻撃をすることで引き起こされます。花粉症による鼻水やくしゃみなどは、免疫細胞が攻撃するさいに作り出すヒスタミンが原因です。そのため、単純に免疫力を向上させることは、逆にアレルギーに対する免疫反応を強くしてしまう可能性もあるということになります。

 

乳酸菌の効果として2つの理由を見て行きましたが、
あなたは、もうお分かりですよね?

そうです、花粉症という症状に対して必要なのは…免疫バランスの正常化です。
ヒトの免疫細胞には、細菌やウイルスに反応する免疫細胞であるTh1と、アレルギーに反応する免疫細胞であるTh2がバランスを取りながらカラダを守ってくれています。この2つの免疫細胞のバランスが崩れ、Th2が優勢になるとアレルギーに対して反応しやすいアレルギー体質になってしまいます。そのため、アレルギー体質を改善するには、免疫バランスを正常化する必要があります。

乳酸菌の中には、免疫力を向上させるだけでなく、免疫細胞に直接働きかけ、免疫バランスを正常化するものがあるのです。それが、乳酸菌が花粉症に効くと言われる本当の理由です。

花粉症に効く乳酸菌の見つけ方


「乳酸菌が花粉症に効く理由」でお伝えしたように、全ての乳酸菌が花粉症に対して、直接の効果があるわけではないことは、ご理解していただけましたか。乳酸菌は花粉症に効くといった認識だけで、乳酸菌であればなんでもいいと思っていては、いつまでたっても花粉症は改善されません

「花粉症に効く乳酸菌はこれだ!」とか、「乳酸菌サプリランキング」などの乳酸菌に関する情報がたくさんありますが、ここでは花粉症に効く乳酸菌の見つけ方をお教えします。

乳酸菌ランキングは信用してはいけない!

乳酸菌には、腸内環境の改善が期待され、腸内環境を改善することで様々な健康効果が期待されています。しかし、乳酸菌とヒトの腸には相性というものがあり、全てのヒトに同じ乳酸菌で効果があるとは限りません
乳酸菌ランキングで1位の乳酸菌だから、オススメされている乳酸菌だから、必ず効果があるわけではないのです。

それよりも大事なことは、あなたの悩みに対しての効果が期待できる乳酸菌を選ぶことなのです。

先ほど、免疫力を向上させる乳酸菌と免疫バランスを正常化する乳酸菌があるとお話ししました。
あなたなら、花粉症の悩みに対してどちらの乳酸菌を選びますか?

免疫力を向上させる乳酸菌ですか?
免疫バランスを正常化する乳酸菌ですか?

口コミがいいから、人気だからというだけで乳酸菌を選ぶのではなく、あなたの悩みに対して、研究結果があり根拠のある乳酸菌を選ぶことが重要なのです。あとは、あなたの腸との相性が良ければ1ヵ月2ヵ月と続けることで効果が実感できるはずです。

ヨーグルトで花粉症が改善されるのはウソ?

ヨーグルトなどで乳酸菌を意識して摂取している方もおられますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌のほとんどは腸内環境を改善を期待するものが多く、免疫バランスを正常化するものではありません。

当然ながらヨーグルトは乳製品です。日本人は長い間、穀類や豆類を食べていたので、これらの消化吸収は得意ですが、乳製品の消化は不得意。また、大人になると、7~9割の日本人は乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素を持たなくなる乳糖不耐症になります。
そういった日本人特有の性質からも、乳製品を使った「乳酸菌」の摂取にも気をつける必要があります。

花粉症への効果が実証されている乳酸菌はコレ!

乳酸菌での花粉症対策や予防をするには、しっかりと乳酸菌を見極めることが大事です。
免疫バランスを正常化することで花粉症への効果が実証されてる乳酸菌サプリを紹介します。

菊正宗酒造が発見した「LK-117乳酸菌」

「LK-117乳酸菌」は、免疫バランスを正常化することで、アレルギー体質改善に効果が期待ができます。また、その効果が期待され、近畿経済産業局の協力のもと研究開発が進められ、乳酸菌サプリメント「米のしずく」として商品化されました。つまりは、国のお墨付きの商品ということです。その他、日本生物工学会技術賞も受賞している「米のしずく」。研究・効果ともに信頼性が高い乳酸菌サプリメントです。

また、日本人の主食である「米」由来の乳酸菌であるため、もっとも日本人に合った乳酸菌であると言っても過言ではありません。

「米のしずく」公式サイトを見る >>

日清食品の「リフレクト乳酸菌(T-21株)」

「リフレクト乳酸菌(T-21株)」のアレルギーに対するメカニズムは、菊正宗の「LK-117乳酸菌」とほとんど同じ。花粉症に関しては、被験者19人に対して花粉症の症状が緩和されたなどの結果があり、実証されています。その他に、通年性鼻炎に関しても実証されています。

大手食品メーカーということもあり、商品化された「アレルライトハイパー」は、安全性など面においても信頼性の高い乳酸菌サプリメントです。ちなみに、リフレクト乳酸菌(T-21株)は、植物性由来の乳酸菌です。

「アレルライトハイパー」の公式サイトを見る >>

何度も言いますが「乳酸菌」は相性

花粉症で悩まれている方が多い中、真実ではない情報に惑わされてしまってはいけません。
何度も言いますが、乳酸菌は相性です。
今回ご紹介したサプリメントは、花粉症改善の効果が実証されている乳酸菌を含んだ商品ですが当然ながら、相性という意味では「合わなかった」という結果になることもあります。

ただ、「日本人に最も合う商品」は何かと考えた際に、まず試していただきたいのが「米のしずく」なのです。
国が研究に参加していることからも、そのしっかりとした研究結果は安心いただく材料となります。

乳酸菌ランキングなど、根拠がしっかりしていない情報に惑わされず、自分の体調を改善しながら、花粉症の対策をしていくことが重要なのです。

 
 

スポンサーリンク