ニキビ跡を消したい!敏感肌がすべき効果的なスキンケア



ニキビ跡は、ニキビの炎症によって肌が傷つけられることが原因です。ニキビ跡には、赤みやシミのような色素沈着、深刻なものだと、クレータのようなデコボコ肌になることも。そんなニキビ跡に効果的なスキンケアとは!?

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡の種類は、主に3種類。

  • 赤みのあるニキビ跡
  • 茶色の色素沈着ニキビ跡
  • クレーターのようなデコボコニキビ跡

それぞれのニキビ跡ができる原因について知っていきましょう。

赤みのあるニキビ跡の原因

ニキビがやっと治ったのに、肌の赤みがなくならない。ニキビのように膨らんでいるわけでもなく、痛みもないけど、赤みだけがぽつぽつと残っている状態。

それが「赤みのあるニキビ跡」です。

赤みのあるニキビ跡の原因は、ニキビによる炎症で傷ついた肌を治そうと、集中的に毛細血管が増え、その部分が赤くなって見えること。また、この炎症が肌の深い部分にまで及ぶと、正常なターンオーバーができなくなることで、なかなか赤みが消えなくなります。

そして、炎症が真皮層まで及ぶと、血管が損傷し、血液が周辺に流出、変色すると紫から赤黒い色素沈着となってしまいます

茶色の色素沈着ニキビ跡の原因

ニキビが治ってしばらく経ったある日、シミのような茶色い跡が。
それが「色素沈着ニキビ跡」です。

色素沈着ニキビ跡の原因は、ターンオーバーが乱れることによりメラニン色素が肌の奥に残ってしまうことです。

メラニンは、紫外線や炎症などのダメージから皮膚を守る役割があり、肌の表皮にあるメラノサイトによって作られます。ニキビにおいても、ニキビの炎症による刺激から皮膚を守るためにメラニンが多く作られてしまいます。皮膚を守る役割を終えたメラニンは、ターンオーバーによって皮膚が生まれ変わる際に、古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

しかし、ターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが肌に残り、シミのような茶色い色素沈着ニキビ跡になってしまいます。

クレーターのようなデコボコニキビ跡の原因

顔中にできるニキビに悩まされ、少し落ち着いてきたらなんか肌が汚い!皮膚がデコボコしていてクレーターみたいな状態に。
これが「デコボコニキビ跡」です。

デコボコニキビ跡は、ニキビができていたところの皮膚がくぼんでしまった状態で、ほとんどの場合、一か所ではなく複数できているため、頬や顔全体がデコボコになっていることが多いです。
外に出るのも嫌になるほど深刻なニキビ跡に悩まされている方に多いのが、デコボコニキビ跡です。

デコボコニキビ跡は、ニキビを刺激したり、潰すことで皮膚を傷つけることが原因です。また、皮膚が回復していない状態で、新たにニキビができることも原因しています。

皮膚は、表皮と真皮の2つの層になっています。そのうち、肌表面にある表皮は、傷ついても自然に回復します。しかし、肌の奥にある真皮は、一度、傷ついてしまうと元通りにすることがとても難しくなります。デコボコニキビ跡は、真皮層が傷ついて無くなってしまった部分が、くぼんでしまうことによってできるのです。

敏感肌も!?スキンケアでニキビ跡を消すには

鏡を見るもの辛くなるほどのニキビ跡。しっかりスキンケアもしているの全然改善されない。それは、もしかしたらスキンケアの方法が間違っているのかもしれません。ニキビ跡を消すには、肌の状態に合わせた正しいスキンケアをすることが大切です。

そもそもニキビはどうしてできるの?

そもそも、ニキビができなければニキビ跡はできません。
多くの方は、ニキビができる原因は皮脂だと思われているかもしれませんが、それは半分正解で、半分間違いでもあります。

ニキビができる原因というのは、思春期にできるニキビも、大人になってからできるニキビも、毛穴の入り口の角質が何らかの理由で硬くなり、皮脂が排出しきれずに詰まることで起こります。詰まった皮脂が酸化し、アクネ菌が増殖することで炎症を起こすのです。

毛穴が詰まる原因は、新陳代謝の低下や、ホルモンバランスの影響などで、肌の角質が硬くなり、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われないことが原因です。その他、過剰な刺激によっても角質は硬くなってしまうこともあります。

顔や背中などは、皮脂の分泌が活発なため、毛穴詰まりを起こすとニキビができやすくなります。そのため皮脂がニキビの原因だと勘違いしている人が多いのです。

つまり、ニキビを予防するためには、皮脂対策のスキンケアよりも、毛穴詰まりを起こさないためのケアが必要なのです。

そうとは知らずに、ニキビを無理やり潰してしまったり、間違ったスキンケアを続けていると、ニキの炎症が悪化しニキビ跡として肌に残ってしまいます。

間違ったスキンケアがニキビやニキビ跡の原因に!?

ニキビに悩んでいるあなた。ニキビの原因が皮脂であると思い込み、必死になって皮脂対策のスキンケアをしていませんか?
実際に、ニキビケア用の化粧品でも、皮脂対策のものが多く販売されています。

しかし、その皮脂対策のスキンケアが逆にニキビを悪化させることもあるのです。

肌の表面は皮脂膜という薄い皮脂の膜で覆われていて、皮脂膜によって外部の刺激から肌を守っったり、水分の蒸発を防いでくれます。つまり、皮脂を洗い流すことによって、肌の角質層の水分が不足し、乾燥状態になり、角質が硬くなり、毛穴詰まりを起こしやすくなります

そして、肌の角質層は、水分と油分がバランスとりながら正常な状態を保っているのですが、乾燥状態になると、水分を補おうと皮脂が過剰に分泌され、詰まった毛穴に皮脂が溜まり炎症を起こすといった、ニキビを悪化させる負のスパイラルに陥いってしまうのです

そのほか、洗顔時のゴシゴシ洗いや、化粧品の成分による刺激などもニキビを悪化させてしまいます。ニキビなどの肌トラブルを起こしやすい肌というのは、肌のバリア機能が低下し、敏感肌になっています。

肌が敏感になっているところに、ゴシゴシと肌を擦ったり、洗浄力の強い成分や、肌に合わない化粧品を使うと、全てが刺激となり、炎症をおこし、ニキビの悪化や、ニキビ跡を深刻化させてしまいます。

ニキビを作らないようにするには、まず、皮脂をうまくコントロールすることが大切です。
肌は乾燥していると感じたら、皮脂を過剰に分泌させてしまうので、しっかりと「保湿」をして、肌の潤いを逃がさないことが大切です。それと同時に、スキンケアでは、肌に負担を与えないようにすることが大切です。

敏感肌はニキビができやすい?

実際には、敏感肌でニキビに悩んでいる方はたくさんいます。もともと敏感肌だからニキビができやすくなった、ニキビができたことで敏感肌になってしまったという両方の見方がありますが、どちらにしても敏感肌の状態が続くことが、ニキビやニキビ跡を悪化させてしまうことをご存知でしょうか?

敏感肌とは、肌のバリア機能が弱く、ちょっとしたことでも刺激を感じる状態。
アレルギー体質やホルモンバランス、疲れやストレス、ホルモンバランスなど、様々な要因が影響することで、敏感肌になります。そのため、ほとんどの女性が一度は敏感肌の状態を経験したことがあるのでないでしょうか?

敏感肌のニキビができやすい原因は2つ。

  • 角質層の水分不足(乾燥)
  • ターンオーバーの乱れ

角質層の水分が不足すると、角質が硬くなり毛穴詰まりを起こし、そこに皮脂が溜まることで炎症を起こしニキビの原因になります。

また、ターンオーバーが乱れると肌表面が、古い角質や未熟な角質で覆われ、角質層が正常な状態ではなくなり、肌のバリア機能が失われるので、ニキビが悪化しやすく、ニキビ跡になりやすくなります。

そして、敏感肌の状態が続くと、さらに水分が逃げ、ターンオーバーが乱れるため、ニキビやニキビ跡が治りにくい肌になってしまうのです

スキンケアでニキビ跡を消すにはターンオーバー

皮膚の新しい細胞は、表皮の一番下にある基底層で生まれます。それが徐々に肌表面へと押し上げられて角質細胞になり、古くなるとアカになってはがれ落ちるという肌細胞の生まれ変わりのことをターンオーバーといいます。

傷ついて弱ってしまった肌も、ターンオーバーによって、次々に新しい肌細胞に生まれ変わることで回復し、健康な肌の状態を保っています

赤みのあるニキビ跡は、比較的軽度な状態なので、正しいスキンケアを行い、ターンオーバーを正常にすることで消すことができます。

また、色素沈着ニキビ跡も、赤みのあるニキビ跡と同様に、ターンオーバーを正常にすることで消すことができます。しかし、メラニンを排出するには時間がかかるため、美白化粧品を取り入れたスキンケアが効果的です。美白化粧品は、ターンオーバーを促したり、メラニンの生成を抑える働きがあります。ただし、美白成分は敏感肌の状態だと刺激となることもありますし、メラニンの生成を抑えるだけで、実際肌を白くするような効果はありませんので注意が必要です。

そして、一番深刻なニキビ跡でもあるデコボコニキビ跡ですが、化粧品によるスキンケアで完全に消すことは難しく、治療法としては、美容皮膚科などでニキビ跡治療を行っているクリニックでの治療をおすすめします。だからといって、デコボコニキビ跡にスキンケアが無駄ということではありません。

スキンケアで、肌にハリを与えることで、デコボコニキビ跡を目立たなくすることはできます。肌にハリを与えるには、やはりターンオーバーがとても重要になります

ターンオーバーが正常になると、正常な角質細胞で角質層が満たされ、肌のキメも整い失われたハリをとり戻します。また、正常な肌というのは、スキンケアによる美容成分の浸透や吸収率を高めてくれるので、効果を実感しやすくなります。

ターンオーバーを正常にする効果的なスキンケア

スキンケアで、ターンオーバーを正常にするために必要なことは、角質層の水分不足を補って保つ「保湿」です。

多くの人は、「保湿=化粧水」と思いがちですが、化粧水だけでは保湿は不十分。化粧水は、ほとんどの成分が水でできているため、角質層へ一時的に潤いを与えることができても、潤いを保つことはできません。そのため、美容液やクリームなどでも保湿成分が配合されたものを使い、潤いを逃がさないようにすることが必要なのです。それができてこそ「保湿」になるのです。

それと同時に、ターンオーバーを促す新しい健康な角質細胞を作り出すには体の内側からのケアも必要
健康な角質細胞を作り出すためには、食生活や睡眠、血行をよくする適度な運動なども重要です。逆にそれらが乱れると、健康な角質細胞を作る妨げになってしまいます。その他、ストレスやタバコ、お酒の飲みすぎなども健康な角質細胞を作る妨げになるので、一度、ご自身の生活習慣を見直してみましょう。

そして、スキンケアで最も重要なことは「肌への負担を減らすこと」。
肌への負担となるもので代表されるのはこの2つ。

  • スキンケアによる刺激
  • 紫外線による刺激

スキンケアによる刺激というは、肌に合わない化粧品を使っていたり、スキンケアの際の摩擦などが挙げられます。無理して、ヒリヒリする化粧品を使うのはNGです。そして、紫外線!敏感肌の場合は、特にこれらの刺激によるダメージを受けやすいので意識することが必要です。

デコボコニキビ跡にも特化した化粧品がおすすめ

ニキビだけでなくニキビ跡に特化した化粧品が実は販売されているんです!
ニキビ跡に特化した化粧品は、ニキビや敏感肌を悪化させることなく、保湿やターンオーバーの促進が期待できるので、毎日のスキンケアに加えてみるのもおすすめです。
特におすすめの化粧品が、デコボコニキビ跡にも効果が期待できると話題の「ビーグレン」です。

ビーグレンは、日本先端医療医学会が認定した独自のテクノロジーで、治らないと思っていたデコボコニキビ跡にもアプローチすることができます。

ビーグレンのニキビ跡ケアの化粧品には、「洗顔料」「化粧水」「美容液」「クリーム」があり、ライン使いすることで、ニキビの炎症で傷ついてしまった肌を修復しながら、肌の土台から立て直し、ニキビ跡をケアしてくれます。

洗顔料

洗顔料は、肌に必要な皮脂を摂り過ぎないようにできているので肌に負担もかけず、汚れや古い角質のみを吸着して洗い落としてくれます。

化粧水

化粧水は、持続型の保湿成分で角質層を潤すことでターンオーバーを正常化をサポート。

美容液

美容液は、QuSome®(キューソーム)という、スキンケア成分を肌に届けると同時に、肌の中に長時間留まり効果を持続させるといった独自の浸透テクノロジーで、ターンオーバーを促して、色素沈着ニキビ跡やデコボコニキビ跡にも働きかけてくれます。

クリーム

クリームも、独自の浸透テクノロジーQuSome®(キューソーム)によって、美容成分が肌に届けられ、内側から押し返すようなハリをもたらし、デコボコにくぼんでしまったニキビ跡を目立たなくしてくれます。

それぞれのアイテムの価格は、洗顔は3,900円、化粧水は5,000円、美容液は4,700円、クリームは7,000円と、すべて揃えようと思うと20,600円もするのですが、ビーグレンには敏感肌の方に嬉しいトライアルセットがあります。7日分しっかり使えて1,800円です。

まずは、トライアルセットで肌との相性を確認してみて、全てのアイテムを揃えるのは負担が大きいのであれば、ニキビ跡に直接働きかけてくれる成分が配合された美容液やクリームだけ取り入れるのもオススメです。

ビーグレンのニキビ跡ケアを使ってみた感想

洗顔は泡立てる必要がないということで、洗い上がりが心配だったのですが、さっぱりして肌触りもよかったです。顔色も明るくなっていたので、心配だった汚れもしっかり取れているようです。

化粧水はサラッとなのに、肌に吸い付くような感覚でしっとりもっちリ。

驚いたのは美容液で、つけた瞬間に肌が少し温かくなり、刺激があるかなと思ったのですがヒリヒリなどは全くありませんでした。温かさの原因は、ピュアビタミンCという成分。浸透するのと同時に温かさが肌の中に入っていくような感覚でした。美容液の注意事項には、日中の仕様は紫外線防止効果のある製品と併せて使用と、乾燥肌・敏感肌は少量から様子を見てと書かれていたので、敏感肌の方は夜だけ使うのがオススメです。

クリームは、しっかりとしたテクスチャーなのに、伸びがよく、さっと肌に馴染んでくれました。翌朝の肌も、保湿もしっかりできて、肌のハリも感じ、ふっくらとしているような気がします。

過度な敏感肌の方にもビーグレンを試していただいたのですが、美容液については、皮膚が薄い「口の周り」にピリっなのか、温かみなのかわからないほどの感じがあったとのことでした。そのため、パッチテストをするなど注意はしたほうがいいですが、刺激がなければ敏感肌の方でも使用してみる価値はある商品だと感じています。

実際に使ってみることで、特に刺激があるという感覚はなく、ビーグレン独自のテクノロジーをかなり実感することができました。トライアルセットがあるので、一度は試してみる価値ありの化粧品です!
 

ビーグレンを公式サイトで詳しく見る >>


 

スポンサーリンク