米のしずくはアトピーや花粉症に効果あり?アレルケアとの違いは?

[公開日]

[最終更新日]2018-08-23

  • LINEで送る

菊正宗が販売する乳酸菌サプリメント「米のしずく」のアトピーや花粉症への効果を口コミから徹底調査。効果のメカニズムやアレルケアとの違い、購入方法から解約まで、米のしずくの気になる情報をお届け。米のしずくを試してみようと考えている方は参考にしてください。

アトピーや花粉症に効果あり?
乳酸菌サプリ「米のしずく」について

米のしずくは、菊正宗が創業から350年の歴史を誇る酒造りの基本「お米と発酵」から発見された乳酸菌が配合された乳酸菌サプリメントです。

350年の伝統が生み出すライスパワー「乳酸菌LK-117」酒蔵の乳酸菌「米のしずく」

お米由来の特別な乳酸菌「LK-117 」

乳酸菌サプリメントを選ぶ際に重要なのは「乳酸菌」。人間一人ひとりに個性があるように、乳酸菌にも様々な個性があり、効果も違います。

乳酸菌が持つ基本的な効果としては、腸内の善玉菌を増やすことによる腸内環境の改善です。これは生きた乳酸菌や死んだ乳酸菌に関係なく、ほとんどの乳酸菌が持つ効果です。そして、LK-117 には、乳酸菌ならではの効果だけでなく、他の乳酸菌はない特別な効果があります。

この特別な効果とは、アトピーや花粉症などのアレルギーの低減にも効果が期待できるということです。

アトピーや花粉症に効く乳酸菌ってどういうこと?

アトピーや花粉症などのアレルギー反応は、人間の体の免疫システムの過剰反応によって引き起こされます。免疫とは、体外から侵入してきたウイルスやアレルゲンなどの異物に対して、無毒化したり排除したりする作用で、体を守ってくれる機能です。アレルギーを引き起こすアレルゲンというのは、本来であれば体に悪影響を与えないのですが、免疫バランスが乱れてしまうと、アレルゲンを悪い奴だと勘違いして攻撃してしまうのです。これが過剰反応です。

体外からアレルゲンが侵入してくると、免疫の司令塔であるマクロファージが気づいて、免疫細胞のTh1とTh2に伝達します。健康な人の体内ではこのTh1とTh2がバランスよく保たれているのですが、何らかの要因で、免疫バランスが乱れてTh2が優位になると、アレルゲンに反応するIgE抗体が過剰に作られてしまいます。それによって、アレルギーが引き起こされやすくなってしまいます。

アトピーと免疫細胞のメカニズム

【免疫バランスが崩れる原因】

  • アレルゲンの増加
  • 花粉などの増加や、住宅の気密性向上によるダニの増加など

  • 大気汚染
  • 自動車の排気ガスなど

  • 食生活の変化
  • 高たんぱく、高脂質食品、食品添加物の増加など

  • ストレス
  • 社会的ストレスの増加

  • 細菌感染症の減少
  • 衛生環境が良くなったこと(清潔)や抗生物質の普及など

アトピーを発症する原因が多様にあるのも、これらの免疫バランスが崩れる原因が大きく関係していることがわかります。

そして、乳酸菌「LK-117」は、マクロファージに認識されるとTh1の増加を導いて、免疫バランスを整える効果があることが研究で明らかにされています。乳酸菌「LK-117」は、アトピーや花粉症に効くとされる特別な効果を持っている乳酸菌ということがわかります。

米のしずくとアレルケアの違いについて

アトピーや花粉症に効果が期待される乳酸菌サプリメントとして、よく知られているのがカルピスの「アレルケア」。
そんな、アレルケアと米のしずくの気になる違いについて見ていきます。

刺激、敏感、デリケート。悩んでいる方に。注目の「L-92乳酸菌」配合「アレルケア」

アトピーや花粉症への効果のメカニズムはほぼ同じ

カルピスのアレルケアの乳酸菌「L-92」と、菊正宗の米のしずくの乳酸菌「LK-117」は、どちらも免疫バランスを整える特別な効果を持った乳酸菌であることは、研究結果で明確にされています。細かいメカニズムに違いはありますが、どちらも大企業というこもあり、外部の専門家や研究機関との共同研究によって開発されているので、その効果への信頼性は高いと言えます。

しいて違いをあげるなら、米のしずくは、地域資源活用型研究開発事業として、国の行政機関でもある近畿経済産業局と共同で商品化されたものであるため、より信頼性が高いと言えます。

原材料はどちらもアレルゲンフリー

アレルギーの方が気になる原材料についてですが、どちらもアレルゲンフリー商品(27品目)なので、アレルギーの心配もありません。

カルピスの「アレルケア」には、大人用と子供用があり、原材料が違います。大人用の原材料は「麦芽糖、でんぷん、乳酸菌、植物油脂」、子供用の原材料は「ぶどう糖、麦芽糖、でんぷん、乳酸菌、未焼成カルシウム、ショ糖脂肪酸エステル、酸味料、香料」となり、子供用は、お子様でも飲みやすいように味付けされているのと、成長に必要なカルシウムが含まれています。

一方の、菊正宗の「米のしずく」には、タブレットタイプとドリンクタイプがあり、タブレットタイプの原材料は「還元麦芽糖水飴、米、ガラクトマンナン分解物、パラチノース加熱物、デキストリン、環状オリゴ糖、加工でんぷん、結晶セルロース、香料、ステアリン酸カルシウム、未焼成カルシウム、二酸化ケイ素、クエン酸、甘味料(ステビア)」、ドリンクタイプの原材料は「米、増粘多糖類、安定剤、香料」となり、タブレットには乳酸菌を固形にするための材料、ドリンクタイプには品質を安全に保つための食品添加物が含まれています

原材料を見ると、難しい名前がいっぱいで不安になってしまいそうですが、よく調べると、安全性がわかっているものや、でんぷんの別名であったり、酸と聞くと危ないイメージがありますが、きちんと食品添加物として日本での使用が認められたものです。日本では、食品添加物の使用量は決められていて、一生かけて食べ続けても体に害がないことがわかっています。むしろ、無添加のほうが、実際には商品の品質を守るために何が入っているかわかないとう可能性も。そう考えると、菊正宗の「米しずく」のように、ここまできっちりと原材料名を書いているほうが安心と言えます。

大きな違いは乳酸菌が育った環境

乳酸菌は、ヨーグルトやお漬物などの発酵食品や人間の腸内のほか、皮膚や口、土、海など、あらゆる場所に生息しています。その乳酸菌が発見されたされた場所の違いから「〇〇由来の乳酸菌」と呼ばれます。乳由来は牛などの動物の乳から発見された乳酸菌、植物由来は野菜などの植物から発見された乳酸菌、ヒト由来は人間の腸内から発見された乳酸菌となります。

カルピスのアレルケアの乳酸菌「L-92」はヒト由来の乳酸菌、菊正宗の米のしずくの乳酸菌「LK-117」は米由来の乳酸菌で、乳酸菌が育った環境が違います。

菊正宗が江戸時代から守り続けている酒造りの技術である「生酛造り」。生酛造りとは、天然の乳酸菌の力を借りて、アルコール発酵に必要な酵母を培養する方法です。この天然の乳酸菌が作り出す乳酸には、空気中から入り込む雑菌や野生の酵母の増殖を抑える役割があります。それが、酒造りのは欠かせないのです。そんな環境で育ち、選び抜かれた強い乳酸菌が「LK-117」です。

そして、「LK-117」を使って、収穫されたばかりのお米をじっくりと発酵させて作られたのが「米のしずく」です。日本人が昔から食してきたお米と乳酸菌で作られた米のしずくは、日本人の体と相性がいい乳酸菌サプリメントと言えます。

米のしずくの公式サイトへ

米のしずくの口コミや評判は?

菊正宗の公式サイトや大手口コミサイトの@コスメから、口コミや評判をいくつか紹介していきます。

米のしずく

3歳の息子(アレルギー持ち)が乾燥肌で夜寝ている時もばりばりと肌をかいているので、何かいい商品はないかなと探していました。食べてみて2日後くらいからカサカサ肌がうるおってきて効果を実感しました。お通じもよくなったと思います。値段が少々高いのが残念ですがとてもいい商品だと思います。乾燥肌でお悩みの方に試してほしいです。

リピートします!飲み始めて3日目ですが、ほんとうにお通じがよくなって、それはそれは快調です。冬になると体の乾燥がきになっており、インナーケアとしていいものを探していて「これは効きそうだな」と直感で思いました。結果、大正解です。お試しは1500円ですが、続けるとなるとちょっとお高め。わたしは定期購入でしばらく続けることにしました。お米は日本人のDNAに合ってると思います。腸の環境がよくなると、美肌になるので美容ケアとしてもおすすめできます。

まずポッコリお腹の解消に役立ちます。すっきりする。お腹が痛くならずにね!
そして身体全体、カサカサするのがなくなってきますよ。お風呂入ったあとにかゆかゆ~とか、そういうのがなくなります。味はね、美味しいです。ヨーグルトっぽいような甘酸っぱさで非常に美味しく飲みやすい。あとなんたって菊正宗という信頼感とパケのまじめな感じね!好きです。

口コミや評判を紹介するときは、良い口コミと悪い口コミの両方を載せるようにしているのですが、米のしずくに効果についての悪い口コミが見つからず・・・
米のしずくの悪い口コミとしては目立っていたのは、価格が少々高いという声ぐらいです。米のしずくの口コミや評判の中で、多かった声はこちらの通りです。

★米のしずくの口コミや評判のまとめ★

  • 数日でお通じがよくなる
  • 乾燥やかゆみ、湿疹がなくなった
  • 美容にもいい

すぐに効果を実感した人もいれば、お通じが良くなったことでしばらく続けた結果、アトピーでみられる症状が改善したという声も。米のしずくを飲み始めて、何かしらの変化を感じたという声が多かったです。

米のしずくの口コミで気になった価格について

米のしずくのタブレットタイプとドリンクタイプの価格比較表

米のしずくの価格についてですが、通常価格はタブレットタイプが6,170円(1ヵ月)、ドリンクタイプは9,250円(1ヵ月)で、それにプラスして送料がかかります。定期購入にするとちょっとお得で、タブレットタイプが5,120円(1ヵ月)、ドリンクタイプは7,710円(1ヵ月)で送料無料に。価格が安いタブレットでも1ヵ月分が5,120円はちょっとお高めな気がします。これで、効果がなかったらどうしようとなるのも当然です。

これは、あくまでも続ける場合の価格です。
ここで、オススメしているのは「初回お試しセット」の方なんです。初回お試しセットというのは、紹介限定で通常の価格よりも安くお試しできるというもので、米のしずくは初回たったの1,500円で、タブレットタイプなら15日間、ドリンクタイプなら10日間試すことができます。他の乳酸菌サプリと比べてお試しとしては一番安く済みます(他社のお試しの価格は2,000円~3,000円のものが多い)

定期購入でも安心!いつでも解約可能

乳酸菌サプリのメーカーによっては、お試し価格といっても数ヵ月の継続条件があるようなところもあります。例えばその継続条件が3ヶ月なら、お試し価格が安くても3ヶ月分払うことになるので結局高くなってしまいます。

米のしずくの場合は、お試しセットはたったの1,500円と安く、解約などの手続きも不要なので、まずは使ってみて効果があるか試すには最適の条件です。また、それだけ商品への自信も感じ取れます。

また、米のしずくを試してみて、もう少し続けたいと思ったら定期購入がオススメです。実は、米のしずくの定期購入は価格がお得なだけでなく、いつでも解約が可能なんです。電話での解約になりますが、菊正宗ほどの大手企業になるとコールセンターがしっかりと設置されているので、電話が繋がらないや、しつこい勧誘などの心配はありません。

米のしずくの公式サイトへ

まだまだある!
米のしずくがオススメなポイント★

乳酸菌の効果や口コミ、価格以外にもまだまだある米のしずくがオススメなポイントを紹介していきます。

乳酸菌以外にお米の有用成分が豊富

米のしずくに使われているお米は、米のしずくのためだけに作られた有用成分が豊富なお米です。抗酸化作用のあるポリフェノールが一般のお米の約3倍、腸にも嬉しい食物繊維が約6倍以上も含まれています。

また、有用成分たっぷりのお米を乳酸菌LK-117でじっくり発酵させることで、ヒトの身体には必要不可欠なタンパク質を構成するアミノ酸、血圧上昇を抑制するペプチド、脂肪の吸収を抑える難消化性デンプンなども豊富。注目はD-アミノ酸。D-アミノ酸は黒酢などにも含まれていることが有名で肌には欠かせないコラーゲンの産生を促進するとして最近話題の美容成分。アトピーや花粉症などのアレルギーによって弱った肌の回復にも役立ちます

腸との相性がいいから整腸作用にも期待◎!

乳酸菌サプリを選ぶ際に重要となるのが、乳酸菌と腸との相性です。
日本人の食文化から生まれたと言ってもいい米由来の乳酸菌は、やはり日本人の腸にぴったりの乳酸菌と言えるでしょう。
自分の腸と乳酸菌の相性は、実際に飲んでみないとわかりませんが、日本人の腸と相性がいいとされる乳酸菌をたったの1,500円で試すことができる「お試しセット」は、試す価値ありです!

米のしずくの研究が生物工学技術賞を受賞

乳酸菌LK-117の研究は、菊正宗と神戸大学、兵庫県立工業技術センターと共同で進められ、乳酸菌LK-117の選抜から、腸内細菌を介することなく直接、免疫に作用するバイオジェニックス効果が明らかに。そして、酒造りの工程で発見された乳酸菌は米との相性がよい米を原料とした新たな健康食品の開発を目指し、米のしずくが開発されました。その開発研究が認められ、2015年に日本生物工学会技術賞を受賞しています。

実際に米のしずくはアトピーや花粉症に効果があるの?

実際には、米のしずくを飲んだだけで、アトピーや花粉症が治るとは言いきれません
ですが、LK-117には効果があることは研究で明らかにされているので、試してみる価値はあります。

アトピーや花粉症などのアレルギーを引き起こす原因というのは多様で、食生活やストレスなども深く関係しています。毎日、米のしずくを飲んでも、毎日、腸内環境を悪化させるような食事をしていては意味がありません。

なので、一番オススメする方法としては、生活習慣の見直しや食生活の見直しを並行して、米のしずくを飲むことです。そうすることで、アトピーや花粉症などのアレルギーを完治させる時短になることは間違いありません。

実際に多くの方が米のしずくを飲んで、何かしらの変化を感じているのは事実です。もちろん個人差はあると思いますが、米のしずくはドリンクタイプ・タブレットタイプともにお試し価格はたったの1,500円で、面倒な解約手続きなども一切不要です。興味のある方はぜひ、試してみてはどうでしょうか。

タブレットとドリンクどっちがオススメ?

タブレットタイプとドリンクタイプには、どちらも同じ量(100億個以上)の乳酸菌が含まれています。違いとしては、お米由来の有用成分が、ドリンクタイプの方がタブレットの5倍含まれてるというところです。その分、ドリンクタイプの方が少し価格が高くなっています。

まずは、乳酸菌LK-117による効果だけを求めるのであれば、価格的にも続けやすいタブレットタイプがオススメです。タブレットは、細かく砕いたり量を調整することで、赤ちゃんからお年寄りまで飲むことができるので、初めて米のしずくを試してみるのであれば、まずはタブレットから始めてみるのがいいでしょう。

米のしずくの公式サイトへ

米のしずくを実際に試してみてわかったこと★

米のしずくの購入画像01

私はアトピーというよりは花粉症の方がきつく、春になるといつも鼻の下が赤くなり大変だったのですが、米のしずくを飲んで最初の春は確かに症状が軽くなりました。その時は、その効果に驚いていたのですが、春が過ぎて花粉症も落ち着いてきたので飲むのをしばらくやめていたら、次の春にむけての飲むつもりだった米のしずくの再開手続きをすっかり忘れていたんです。そうすると、例年通りの辛い花粉症に…(実際には花粉症の症状がきつくなって、今年は米のしずくを飲んでいないことに気付いたのですが。)ここで、改めて米のしずくの効果の凄さに気づかされました。

米のしずくの購入画像01
米のしずくのオススメ度グラフ

実際に米のしずくのお試しセットを購入すると、乳酸菌LK-117についての詳しい説明や、アレルギーや効果についてもわかりやすく解説された資料なども一緒に送られてくるので、資料を見るだけもいろいろと参考になります。お試しであればたったの1,500円なので、興味がある方はぜひ試してみるべき、オススメの乳酸菌サプリです♪

米のしずく公式サイトへ

  • LINEで送る