クレンジングは肌への刺激が少ないクリームタイプ

[公開日]

[最終更新日]2016-02-19

  • LINEで送る

ファンデーションを使った日はクレンジングが必要


ファンデーションを使ってメイクをしている人の場合は、クレンジングと洗顔の、いわゆる
「ダブル洗顔」が必要になります(粉おしろいだけの場合は、クレンジングは必要ありません)。最近のメイクアップ料は汗や水に強く、くずれにくくなったぶん、洗顔だけでは落ちませんので、きちんとクレンジングをおこないましょう。

油性汚れであるメイクアップ料は、水にはなじみません。そのため、メイクアップ料を浮かばせるための油分と、水となじませるための界面活性剤を配合してあるのが「クレンジング料」です。「界面活性剤」というと、とても肌に悪いイメージがありますが、メイクアップ料を落とすためには不可欠のものです。界面活性剤の量や質で、クレンジング料の良し悪しが決まるといってもよいのです。

もっとも肌にやさしいのはクリームタイプ


クリームやジェル、オイルなど、クレンジング料にはいろいろなタイプがあります。しかし、いずれにしてもクレンジング料は、日々のスキンケアアイテムの中では、もっとも肌を傷めやすいものです。ですから、なるべくよいものを選んで、肌をいたわる努力が必要です。

いろいろあるクレンジング料の中で、比較的にやさしいといえるのは、洗い流せるクリームタイプです。乳化したジェルタイプ(透明でなく白いもの)でもよいでしょう。

油分を多く含むオイルタイプは肌への刺激が強い

クリームタイプ以外のクレンジング料はどうでしょう。

最近はオイルタイプのクレンジング料が主流ですが、これは洗浄力の強いものが多く、毎日使うと肌を傷めることがあります。油分を大量に含むので、メイクアップ料とのなじみはよいですが、それを落とすための界面活性剤も多量に必要になるからです。サラサラとした液状のため、肌をこすってしまいやすいのも欠点です。

リキッドタイプのクレンジング料も同様です。毛穴の汚れをとろうと、オイルクレンジング料でマッサージする人がいますが、洗剤で肌をマッサージしているようなものですし、毛穴の汚れは外からこすってもとれません。



ミルクタイプは肌にやさしいイメージで、最近人気があるようですが、水気が多いため、メイクアップ料とのなじみはよくありません。結果として落ちにくく、肌をこすって傷めてしまうこともあります。メイクが軽め(粉おしろいだけなど)だけれど、一応クレンジングをしたいというときはよいですが、ファンデーションを使ったときには、あまりおすすめできません。

「時間がないときでも手軽に使える」という理由で人気のシートや、ふきとるタイプのものは、もっとも肌を傷めます。ふきとる刺激は、肌にとても悪く、毎日おこなうと赤ら顔になったり、シミをつくってしまうこともあります。

泡タイプで、ワンステップで落とすというものもありますが、手軽な分、肌への負担は増えてしまいます。泡は水を含むため、メイクアップ料とのなじみが悪くなりますが、それを補うために界面活性剤が多く配合されていたりするからです。

価格でなく質で選ぶ


総合的に考えてみると、「クリームタイプ」が、油分も水分も多すぎず、バランスがよいということになります。なかでも適度な硬さのある、上質のクリームタイプのものを選びましょう。値段の安さや簡単さで選んでしまうのは厳禁です。クレンジング料が少しでも合っていないと、そのあとにどんなによいスキンケアをしても、肌はきれいにはならないことを、覚えておきましょう。

<界曲活性剤>
油と水を混ざりやすくする物質。クリームや乳液をつくるときにも用いられます(この場合は
乳化剤と呼ばれます)。また、クレンシング料や洗顔料にも含まれていて、油性の汚れを水で流すための僑渡しの役目をしています。界面活性剤は、使いすぎると肌のうるおいを奪うので注意が必要です。ちなみに、石けんに含まれる洗浄成分は、界面活性測ではなく石けん成分です。

<化被品の添加物>
肌に悪さをする化粧品の添加物というと、防腐剤や香料と思う人が多いようですが、それらのものは、とくにアレルギーを起こさないかぎりは、悪いものではありません。卵アレルギーでない人が、卵を食べても大丈夫なのと同じです。とくに防腐剤は、化粧品の性質上、どうしても多少は必要なものです(もちろん、少ないにこしたことはありませんが)。ただし、界面活性剤は別で、量が多いと誰にでも悪影響が出ます。

スポンサーリンク


  • LINEで送る
%d bloggers like this: