石原さとみのような潤った「くちびる美人」になるには?

敏感肌が石原さとみのような潤った「くちびる美人」になるには?

[公開日]

[最終更新日]2017-06-20

    石原さとみさんを見ていると「くちびる美人」という言葉がしっくりきますね。男性だけでなく女性も、石原さとみさんのくちびるには魅力を感じているようです。敏感肌が石原さとみさんのような潤ったくちびる美人になるためにはどのようなスキンケアをすればいいのでしょうか?

    くちびるは敏感肌になりやすい?

    くちびるは他の皮膚より弱く繊細です。
    私たちの肌には、セラミドなどの細胞間脂質と皮脂膜があります。細胞間脂質は、肌の潤いをキープし、皮脂膜は肌の外側を覆って、水分が蒸発するのを防ぎます。しかし、くちびるには、細胞間脂質が少なく、皮脂膜もありません。そのため、唇は乾燥しやすいのです。

    さらに、くちびるは、外部刺激から肌を守る角質層が薄く、紫外線や花粉などの外部刺激を受けやすい状態、常に敏感肌の状態なのです。だからこそ、石原さとみさんのようなくちびる美人になるためには、日頃のスキンケアが必要なのです。

    敏感肌のくちびる美人を遠ざける原因

    くちびるは、顔の中でも角質層が薄く、外部刺激や生活習慣、日頃のクセなどが原因で、くちびるが荒れてしまいます。そんな、くちびる美人を遠ざける原因をみていきましょう。

    乾燥

    乾燥によって、くちびるの皮が硬くなり割れやすく、剥けやすくなります。

    紫外線

    くちびるも紫外線によるダメージを受けています。紫外線はくちびるのシミやくすみの原因となります。くちびるは角質層が薄いので、紫外線によるダメージも大きくなります。

    ビタミンB2不足

    ビタミンB2は、細胞の生まれ変わりに必要な栄養素です。ビタミンB2が不足すると、くちびるはもちろん、肌も荒れやすくなります。

    食べ物による刺激

    くちびるが荒れてりいるときは、極端に酸味が強い食べ物や、香辛料などによる辛い食べ物は、くちびるへの刺激になるので避けるようにしましょう。

    アルコールの過剰摂取

    アルコールは体の水分を排出する作用があります。それにともなって、くちびるの水分量が低下し、くちびるの乾燥を招いてしまします。

    タバコの吸い過ぎ

    タバコに含まれるニコチンが、体の血液の流れを悪くするため、くちびるの色がくすんでしまいます。

    クレンジング不足

    口紅は意外に落としにくく、くちびるのクレンジングが不十分だと、古い口紅がくちびるに蓄積されていき、くちびるが不衛生な状態になります。

    くちびるを舐める

    くちびるを舐めることで、くちびるの潤いをキープしている微量の脂まで舐めとってしまいます。

    くちびるを噛む・皮を剥く

    くちびるを噛んだり、皮を剥いてしまうことは、くちびるに大きな刺激になります。また、出血してしまうと、治るまでに時間がかかります。

    呼吸

    口での呼吸はくちびるの乾燥の原因になります。なるべく、鼻での呼吸を意識するようにしましょう。

    歯磨き粉

    歯磨き粉には、くちびるにとって刺激になる成分も含まれています。歯を磨いたあとは、くちびるについた歯磨き粉もきちんとすすぎましょう。

    リップクリームの摩擦

    リップクリームを塗るときの摩擦が、刺激になることがあります。リップクリームを頻繁に塗り過ぎたり、こすりすぎるとくちびるが荒れる原因になります。

    アレルギー

    くちびるにも花粉や大気汚染、金属などでアレルギー反応を起こし、かゆみや赤身、しみといった症状がでます。

    ヘルペス

    ヘルペスはストレスなどが原因でできるくちびるの病気です。ヘルペスは一度できると、肌の別の部分にも移りやすく、長期間つづいたり、あまりにも症状がひどい場合は、早めに専門医を受診するようにしましょう。

    敏感肌が避けたい口紅の成分

    敏感肌は、口紅に含まれる成分が刺激になり、くちびるが荒れることがあります。

    敏感肌のくちびる荒れを起こす成分には、

    ・タール系色素
    ・合成界面活性剤
    ・合成ポリマー
    ・紫外線吸収剤

    などがあります。これらは、多くの口紅に配合されているので注意しましょう。それ以外に、口紅に含まれているラメは、口紅を塗る際にくちびるを擦ってしまうので、くちびる荒れがひどい敏感肌の方は避けるようにしましょう。

    敏感肌が選びたい口紅は?

    敏感肌の方が口紅を選ぶ際には、先ほど挙げた成分を避ける他に、次にことに気を付けて選ぶようにしましょう。

    石けんで落とせるもの

    口紅をきちんと落とすには、合成界面活性剤を配合した強いクレンジングを使う必要があります。しかし、強いクレンジングは、くちびるだけでなく肌にも強い刺激になってしまうので、敏感肌には危険です。石けんで落とせる口紅を選ぶことで、強いクレンジングを使わずに、やさしく落とすことができます。

    保湿効果のあるもの

    角質層が薄く、乾燥しやすいくちびるも、保湿をこころがけて乾燥から守ることも重要です。

    紫外線対策ができるもの

    くちびるのしみやくすみを防ぐためにも、紫外線対策ができるものを選びましょう。ただし、刺激成分である「紫外線吸収剤」は不使用のものを選ぶようにしましょう。紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤が含まれているものは、刺激になりにくく紫外線対策ができます。

    敏感肌におすすめのリップアイテム

    リップグロス

    リップグロスは、ぷるつやくちびるにしたいときに使います。透明感のあるのメイクがしたい場合や、口紅のべたつきが苦手な人は、リップグロスのみで仕上げるのOKです。リップグロスも口紅と同様で、くちびるを乾燥から守る保湿効果のあるものを選びましょう。

    リップクリーム

    くちびるケアの効果の高いリップクリームは、色付きのものも多数販売されています。くちびるの荒れがヒドい時は、リップクリームのみで仕上げるのもOKです。くちびるの荒れを治療することを目的とする場合は、『医薬品』のリップクリームを選びましょう。

    何をしてもくちびるがあれる場合は?

    いろいろ試したけど、くちびるが荒れてしまう超敏感肌の方は、白色ワセリンをつかって、くちびるを保湿しましょう。白色ワセリンはアトピーの治療でも使われるぐらい低刺激です。ただし、紫外線の影響をうけやすいので、夜のケアとして使うようにしましょう。

    %d bloggers like this: