忙しいあなたへ。たまにはゆっくりと!

[公開日]

[最終更新日]2017-09-04

  • LINEで送る
  • 疲れているのに眠れない
  • お腹がはったり、下痢をしたりする
  • いつも仕事に追われている気がする
  • 人と合うのが面倒
  • よく風邪をひくようになった

こんな症状はないですか?忙しすぎて、ストレスに気づいていないあなた!ちょっとゆっくりしてみませんか?
ストレスは、その人の弱い部分に現れます。ストレスで下痢をする人、胃が痛くなる人、生理が遅れる人もあれば、肌があれる人もいるようです。ストレスがもたらす、お肌への影響をお話しします。

食生活やスキンケアには気を付けてるの、肌荒れに悩まされていませんか?それは、ストレスが原因かもしれません。

ストレスによって体内に活性酸素が発生すると、肌老化が促進されます。また免疫も低下するのでアクネ菌が繁殖してニキビができたり、さらにニキビが大きく膿んだりします。さらには、ホルモンバランスも乱れるので、生理前に肌が荒れすくなります。自律神経も乱れ不眠になり、それによって肌の代謝がさまたげられることもあります。アレルギーなどの症状も悪化していしまいます。

このように、内臓機能、免疫システム、自律神経のすべてに悪影響をおよばすので、ストレスは肌荒れ、肌老化だけでなく、万病のもとなのです。

誰にでもあるストレスだからこそ、こんな人は要注意!


stress-divergence-02

「仕事がストレスなので会社を辞めました」

「この肌荒れは仕事のストレスが原因なんです」といつもいっているようなタイプ。実際に仕事をやめると、嘘のように肌荒れが治ってしまうことが多くあります。ただし、仕事を簡単にやめるわけにいかないのが普通ですよね。



肌荒れのすべての原因をストレスと決めつけてしまうと、余計に仕事に対してストレスを感じやすくなります。生活習慣を改善してみたり、気持ちをリフレッシュできることを探してみるのもいいかもしれません。

「これがストレスだったのかな?」

仕事や人間関係など、慢性化しているストレスの場合、それをストレスとも自覚していない人がいます。「仕事なんてみんな我慢していることだし」などというふうに思っているタイプ。ところが、心では気づいていなくても、肌に現れてしまったことから、よく考えてみて、「私にはこれが実はストレスだったのかな」と気づくことがあります。

ストレスをストレスと認めたことで、気持ちがすっきりして肌がよくなったという人もいます。ストレス解消のために、趣味をもつなどしてよくなったという人もいます。また、まじめな性格を改め、適当にリラックスするようにしたという人もいます。ストレスを自覚することも大切です。

「ストレスが溜まってイライラしてるの!」

「私はいつもストレスを溜めているの」とばかりに、まわりにあたったり、わがままな行動に出るタイプ。本人はストレスを発散しているつもりかもしれませんが、肌がよくなる傾向がありません。気持ちもどんどん病んでいくようです。本人も、心の底ではそんな自分が幸せではなく、わがままに振るまっていること自体が、余計にストレスになっているのかもしれません。

ストレスは自分自身で減らすことができる


ものごとを少し前向きに考えて行動にでることが、ストレスを減らすことへもつながります。「ありがとう」という言葉を意識して使ったりと口癖を変えることでも脳が自然にストレスを発散してくれます。逆に、後ろ向きな言葉は、脳にストレスを与えてしまうのです。

ストレスは自分自身のちょっとした前向きな意識でも充分に減らすことができるのです。

気持ちをリフレッシュして

ストレス解消のために役立つのは、まずはたくさん動いて、きちんと食べて、ゆっくり寝るということです。からだが不健康だと、心も不健康になります。
アロマテラピーをしてみたり、ゆっくりお風呂につかったり、旅行にいってみたり、たまには自分をゆっくり休ましてあげましょう。気づいたら、お肌がボロボロになんてことにならないためにも。

スポンサーリンク


%d bloggers like this: