チーズのもたらす効果がすごい!?

[公開日]

[最終更新日]2019-11-29

  • LINEで送る

子供から大人まで、人気の食材「チーズ」。そのままでも、ピザやグラタン、ケーキなど料理に使っても、美味しい食材です。食べ過ぎると太ってしまいそうとイメージもある食材です。しかし、このチーズには驚くべき美容効果と健康効果があるのです。そこで今日はチーズの栄養効果についてお話します。

チーズはとても栄養価が高く、カルシウム・タンパク質・ミネラル・ビタミン・脂肪がバランスよく含まれています。またチーズは、発酵という過程を経てできているので、タンパク質にアミノ酸が含まれていたり、ミネラルがイオン化されることで非常に体内に吸収されやすい状態になっていたり、カルシウムも体内への吸収しやすくなっていたりと、栄養素を取り込みやすい食材なのです。

カルシウム不足にはチーズ

チーズには、カルシウムの消化吸収をサポートしてくれる消化酵素が含まれており、小魚を食べるよりも、効果的にカルシウムを吸収できます。

カルシウムは神経の情報を伝達したり、筋肉を動かしたりするのに大切な栄養素です。カルシウムは血液に乗って体中に送られるのですが、血液中のカルシウムが不足すると骨に含まれるカルシウムを使うことになり、骨粗しょう症などになってしまいます。

その他、カルシウムが不足すると、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、アレルギーなどを起こす原因にもなります。カルシウムが不足することで、情報の伝達がうまくいかず、さまざまな健康障害を引き起こしてしまうのです。

腸内環境を改善する乳酸菌

チーズは牛乳を発酵させて作られています。発酵食品には乳酸菌が多く含まれており、この乳酸菌は腸内環境を整える役割をします。腸内環境を整えることで、便秘や肌荒れなどの不調を改善してくれます。ただ、加熱すると乳酸菌が死滅してしまうので、乳酸菌を摂取する場合は、製造過程で加熱処理のないプロセスチーズをそのまま食べることをおすすめします。

→知っておきたい!アレルギーと腸内フローラの関係!

タンパク質がガン予防にも?

チーズに含まれるタンパク質は、アミノ酸をバランスよく含んでいるのが特徴です。このタンパク質が体内の鉄分と結合し、リンパ球が活性化してガン細胞の増殖を阻止しているという研究結果もあり、チーズはがんの発症を防いでくれる食品として注目が集まっています。さらに、チーズのタンパク質は過剰な塩分を体外に出す働きもあり、高血圧症を予防してくれる効果もあるといわれています。また、アミノ酸は肝臓の機能改善や肝臓疾患治療に効果があるといわれています。

疲労回復にビタミン

チーズの栄養素の中でも、いろいろな働きをするのがビタミンB2です。ビタミンB2は、糖質や脂肪やタンパク質を燃焼させ、エネルギーに変換し代謝を促すといった働きを持ち、チーズに含まれるタンパク質の分解吸収を助ける働きを持っています。ビタミンB2が不足すると、代謝が悪くなり、疲れが取れなくなったり、肌荒れなど、健康にも影響を及ぼします。体がだるさを感じたらビタミンB2が不足している証拠です。また、ビタミンB2は体の中にため込んでおくことができないので、積極的に摂ることが必要な栄養素です。

悪酔いを防いでくれる

チーズに含まれる乳酸菌が消化を助け、チーズの脂肪が胃の粘膜を保護し、アルコールの吸収を和らげます。飲酒前に食べておくと、アルコールの刺激で胃壁が荒れるのを防いでくれるので、より効果的です。

チーズを食べて美しくなろう


チーズのダイエット効果

チーズには脂質があるのになぜ?という方が多いともいますが、チーズに含まれている脂質は、細かい形状になっているのでとても燃焼されやすいのです。ですから、チーズの脂質の心配をする必要はありません。

チーズに含まれるビタミンB2は、脂肪を燃焼させる働きもあるのでダイエットには効果的な成分です。また、腸内環境を整える乳酸菌も含んでいるので、食べ物の消化吸収を助けて、便秘も改善できます。さらに、チーズは筋肉や細胞、血液など体をつくるのに必要なタンパク質を多く含んでいるため、基礎代謝力を上げたりと健康的なダイエットをすることができます。チーズにはダイエットに必要な要素がバランスよく含まれているのです。

美肌効果がすごい!?

チーズに含まれるビタミンAには、皮膚や粘膜を健康にし免疫力を高める働きがあります。ビタミンAのおかげで髪や肌、瞳の水分が保たれ健康で美しい体を作ることができます。免疫力や抵抗力も高めてくれるので、ニキビの悪化を防いだり、アンチエイジングにも効果があります。また、乳酸菌のもつ腸内環境改善の効果は肌荒れ防止や、肌の免疫力にもつがなります。手チーズの持つ栄養バランスが健康へつながり、健康的で美しい肌へとつながっていくのです。

また、意外に知られていないのですが、チーズは女性ホルモンの分泌を促す成分を持っています。女性ホルモンは、若さや美しさを保つのに欠かせないものです。女性ホルモンの分泌バランスを整えたかったら、チーズを食べる!そしてチーズに含まれるコレステロールがあるのですが、このコレステロールはきわめて良質で、ハりのある皮膚、そして弾力性のある血管や細胞膜を作り、神経系や筋肉を活性化させる働きもあります。

effect-of-cheese-02

チーズがもたらす効果はとてもすごいのです。

とはいっても、食べ過ぎは注意です。チーズの種類や食べ方によっては、成分が違うので、一部の成分が過剰に摂取してしまうことで、体に悪影響をもたらすことにもつながります。チーズのもつ栄養バランスをしっかりと理解して、食べることをおすすめします。また、チーズと相性が良いとされるワインですが、これは両方に共通して「発酵」というプロセスがあるからです。チーズとワインの相乗効果によって悪玉コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化などを予防することがでるといわれています。

→毎日飲んでも大丈夫?赤ワインの効果とは

%d bloggers like this: